4インチディスプレイの iPhone 7 とともに小さなiPhoneも登場?


FOREX.com 口座開設

KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏はによると、2016年に予定されている「iPhone 7」と同時期にちっちゃい画面の「iPhone」が登場する可能性があると述べているようです。

小さいといっても手のひらにすっぽりと収まるくらいちっちゃいわけではなくてiPhone5Sと同じ4インチのディスプレイサイズを持つモデルのようですね。

iPhone5SからiPhone6、iPhone6Plusへとモデルが変わると同時にディスプレイサイズが4インチから、それぞれ4.7インチ、5.5インチに拡大しています。画面が大きくなったことで使い勝手が良くなったので一定の評価は受けているものの4インチディスプレイの方が使いやすいという声も上がっていました。

携帯性、片手での操作という面で考えても4インチディスプレイに優位性を感じるユーザーは多いのではないでしょうか。

もしこの噂が本当ならそんな声に応えるアップルの姿勢には拍手を送りたいと思います。iPhone5Sの2年縛りが解けても、iPhone6SやiPhone6SPlusに変更せずに、そのままiPhone5Sを使い続けている人にとっては朗報なのではないでしょうか?

「3D Touch」が搭載されない可能性があることから考えると、価格の面でも手頃なものになるのではないでしょうか。

カメラの画素数やセンサーサイズも差をつけることで完全な廉価版という位置づけになるのかもしれないですね。

そのころには現在のiOS9からiOS10になっているのでしょうが、バッテリ持ちの点で現行のiPhone5Sよりも持続時間が向上すれば欲しい人も多いと思います。

来年の夏にはiPhone5Sが一括0円で大放出されそうですね(^o^)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする