アンドロイド最新OS Android 8.0 Oreo AOSP版が公開 Pixel,Nexus 5X / 6Pには近日配信

アンドロイドを使うようになってからがOSのバージョンアップというのはiOS端末ほど頻繁に降ってこないので、それほどワクワクはしないのですが、やはり数字の一桁目が大きくなるアップデートだとワクワクしてしまいますね。

Google謹製のPixel、Nexus 6P、Nexus 5Xを使用しているユーザーにはきっとすぐにアップデートが適用されると思うのですが、他のメーカーの端末の場合で独自機能を満載している場合などはなかなかアップデートが提供されないことが多いと思います。

素のアンドロイドに近いモトローラのmoto Z、moto Z Playや、ソニーのXperia XZなどは早期にバージョンアップが提供される可能性が高そうですが、メーカーによっては1年後に提供されるなどということもあるかもしれません。

Android7.0nougatの次はAndroid 8.0 Oreo という名称になるらしいですが、nougatよりもOreoの方が日本人には馴染みやすい名前かもしれませんね。

Android7.0の時の目玉機能はマルチタスクだったわけですが、実はこのマルチタスクという機能はほとんど使っていませんでした。5.2インチの大きさのディスプレイだとウィンドウを分割してしまうと小さすぎて操作がやりにくくなってしまうんですよね。

そんな声を反映したのかOreoではピクチャ・イン・ピクチャに対応してくれるようです。このピクチャ・イン・ピクチャという機能は動画を見ながら作業するときに非常に便利なんですよね。Macもピクチャ・イン・ピクチャに対応しているのでyoutube動画を流しながら作業したりしていますが、なかなか便利なのでOreoの機能にも期待が高まります。

その他にもAIを活用した「Copy-Less-Paste」というコピペ支援機能なども用意されているなど痒いところに手の届くアップデートになっているみたいです。

問題はXperiaにいつOreoがやってくるかですね(^◇^;)

来年の春ころにはアップデート来るのかなあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする