阿蘇山が噴火!噴火警戒レベル3(入山規制)動画

9月14日午前9時43分、熊本県の阿蘇山中岳(1506メートル)の第1火口で噴火が発生した模様です。

噴煙は火口から2千メートルの高さにまで上昇しました。気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げました。

ちょっと前に鹿児島県の桜島が噴煙を上げていたと思ったら、今度は阿蘇山が噴火。東京でも地震があるしでなんだかちょっと恐ろしくなってきましたね。

阿蘇山 「マグマ水蒸気噴火」の可能性高い 気象庁(15/09/14)

阿蘇山の噴火について、気象庁は「マグマ水蒸気噴火」の可能性が高いという見解を示し­ました。 気象庁地震火山部・北川貞之火山課長:「火口からおおむね2kmの範囲では、噴火に伴­う弾道を描いて飛散する大きな噴石と火砕流に警戒を。

【最新映像】阿蘇山噴火の瞬間 20150914

「一番心配は火山灰」 阿蘇山の噴火で航空機も欠航(15/09/14)

阿蘇山の噴火を受けて、熊本県内では、空の便に欠航が出るなど影響が出ています。 熊本県は14日午前10時10分、危機管理監を本部長とする災害警戒本部を立ち上げま­した。午前11時から、今後の対応などを協議する会議を開いています。

阿蘇山噴火で警戒呼びかけ、気象庁会見

気象庁によりますと、午前9時43分、阿蘇山の中岳第一火口で噴火が発生しました。気­象庁は、噴火警戒レベルを火口周辺を規制する現在の「2」から、入山を規制する「3」­に引き上げました。火口から2キロの範囲で、噴火に伴う大きな噴石や火砕流に注意する­よう呼びかけています。気象庁の会見の一部をご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする