ボリンジャーバンドの収束と拡大を監視するMT4用フリーインジケーター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXの相場にはレンジ相場とトレンド相場があるのですが、現在どの相場状況にあるかを判断することは非常に難しい問題です。EAを作成するときにはまずどのようなトレード形態をするのかを決める必要があります。

例えばトレンド系のEAを作成しようとする場合は出来るだけレンジ相場を避けるとともにトレンドの始まりを捉えることが出来るようなロジックを考えます。またレンジ相場での逆張りEAを作るときにはトレンド相場を避け穏やかな相場でエントリーすることが出来れば勝ちが約束されたも同然なのです。

しかし、このトレンドとレンジの判断をインジケーターで行うのは結構難しく、常にどうすれば少ないバーの数で2種類の相場を判別できるかのアイデアを考えているのですが、現在でも満足のいく答えは出ていません。

こうした悩みに応えてくれるのが実はボリンジャーバンドだったとしたら驚きますよね。

今回はのリンジャーバンドの収束と拡大を利用して相場状況を判断しようというインジケーターを紹介します。

バンド収束・拡散 全通貨・時間足 監視インジケーター

このインジケーターの凄いところは全通貨ペアのボリンジャーバンドを監視し、収束・拡散の状況をチャート上で教えてくれるという点です。

全通貨ペアで以下の項目の監視が出来るので、トレードチャンスは大きく広がります。

・収束条件の長さ
・収束判断値

メール通知機能も付いているので、トレードチャンスを見逃すことはありません。デイトレやスキャルピングでは無理がありますが、スイングトレード主体のトレーダーにとっては強い味方になるはずです。

このインジケーターを見ているとボリンジャーバンドの収縮、拡大をチェックすることはトレードをする上で欠かすことの出来ない必須事項のような気がしてきました。

そこでボリンジャーバンドの幅を図ってレンジ相場を見つけるインジケーターを作ってみました。

チャートに表示するとこんな感じになります。

最大の幅と最小の幅をpipsで指定し、ボリンジャーバンドの幅がその範囲内にあれば水色、範囲外にある時は赤色で表示します。つまり水色の時がレンジでの逆張りトレードのチャンスというわけですね。

このインジケーターは幅だけでレンジ相場か否かを判断しているので、小幅な値動きでダラダラとしたトレンドが発生してしまうと騙されてしまいそうですね。時間帯と組み合わせてドル円などで使用すればある程度は有効な気はしますが。

「Download」をクリックするとこのインジケーターをダウンロードすることが出来ます。