バヤリースオレンジ の 沖縄バヤリース が12月26で出荷終了

Hornet USDJPY | fx-on.com

子供の頃に飲んだこともある人も多いのではないでしょうか。

バヤリースオレンジでおなじみの沖縄バヤリースが、12月30日に解散します。12月26日の出荷が沖縄バヤリースで製造した最後のバヤリースオレンジになりました。

拝啓 平素は沖縄バヤリース商品をご愛顧頂き、厚く御礼申し上げます。
さて、ここ数年、当社では工場老朽化や事業継続の問題を抱え、善処策について模索して参りましたが、他社へ事業譲渡の上、本年いっぱいで解散することとなりました。
当社の商品につきましては、アサヒオリオンカルピス飲料株式会社が継続して販売していくこととなり、平成27年1月以降に同社より主要商品がリニューアル発売される予定です。
当社は、昭和47年の設立以来、果汁飲料を中心とした清涼飲料を製造販売し、主に沖縄県内のお客様に長年ご愛顧賜りました。
また、ここ10年余りは、他府県のお客様にも当社商品をお届けする機会も多く、これまでのご愛飲に対し心から感謝申し上げます。誠にありがとうございました。
最後になりますが、沖縄バヤリースブランドをこれまで以上にご愛顧くださいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

http://www.okinawa-bireleys.co.jp/news.html

沖縄バヤリースは昭和47年(1972年)の設立以来、沖縄県内を中心に「バヤリースオレンジ」や「沖縄産シークヮサー100%」といった多くの人気商品を生み出してきました老舗メーカーです。しかし、老朽化した工場へ設備投資する余裕がなくなり、2014年12月をもってアサヒ飲料に事業譲渡することになりました。

製造販売はアサヒ飲料子会社のアサヒオリオンカルピス飲料が引き継ぐため、沖縄地方で今後がバヤリースが飲めなくなるという心配はしなくても良さそうです。

沖縄県以外の地方での製造、販売、商標権はすでにアサヒビールが取得しており、1982年(昭和57年)に自社生産しているので全国的にバヤリースは安泰です^^

高校の合宿の時に行った銭湯で飲んだバヤリースの味は今でも忘れられません。人それぞれバヤリースには思い出があると思うので、継続して販売されていることは嬉しいですね。

以下のURLで沖縄バヤリースのインタビュー記事や工場の様子などを見ることができます。

ありがとうさようなら、沖縄バヤリース!!

参考URL

バヤリース|アサヒ飲料

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク