OSX YosemiteにBitPerfectをインストールしてみた

Hornet USDJPY | fx-on.com

自分のMacでのオーディオ再生の環境はプレイヤーがiTunesでPCスピーカーJBL PEBBLESという環境になっています。PCオーディオにはまっている人から見たら非常にプアーな環境なのですが、自分の好きなロックやポップスをBGM代わりに流すには非常に気軽で気に入っています。

なんといってもJBL PEBBLESにはDACが内蔵されておりMacのUSB端子に接続するだけで再生することができます。しかもUSBバスパワーで作動するのでアダプターも必要がありません。USBバスパワーでの給電なので当然パワーはありませんが、JBLらしいはじけるようなサウンドを聴かせてくれます。

Bit-perfect

Bit-perfect

しかし、PCオーディオに詳しい人に聞いた所iTunesというのは音質があまり良くないとのことで、「プレーヤーだけでも変えたほうがいいよ。」ありがたい言葉をいただいてしまったわけなのです。itunes以外にPinaという小さなプレーヤーをインストールしてあったので早速音を聞き比べてみたところ確かにiTunesの方が音が寂しいような気がしてきましたw

そんなわけでMac用のミュージックプレーヤーを物色していたところ、AudioGateのライトバージョンが無料で音もいいらしいということだったのでKORGのサイトにダウンロードしにいってきました。音がどうのこうの言う前にこのソフトは少し使いづらい・・・iTunesのプレイリストをインポートできればいいのですが、新たに自分で作らないといけないみたいでした。動きも緩慢で自分好みではなかったのですぐにアンインストールしてしまいました。

値段が安くてiTunesのようなつかい心地のプレーヤーを探していたところBitPerfectというストアアプリがあることがわかりました。AppStoreで評価をみてもなかなか満足度が高そう。しかし、残念なことに、トライアルバージョンがありません。ただ、価格は1,000円とかなりお安くなっています。気がついた時にはボタンがクリックされており、インストール中の表示に変わっていました。おそらく一瞬気絶していたんでしょうねw

このBtPerfectの素晴らしいところはiTunesがそのまま使えるということで、オーディオ出力の部分を乗っ取っているとのこと。これはもしかして自分にピッタリの代物だったのでは。

音の方はかなり密度が上がったような情報量が増えたようなそんな気がします。1,000円で音が良くなったような気がするのだからこれはお買い得なのではないかと思いますw
おそらくもっとちゃんとしたDAC、アンプ、スピーカーを組み合わせれば効果がもっと大きいのではないかと思いますが、現在のシステム?ではこれで大満足です。

OSX Yosemiteでもきちんと動いています。ただしばらく放置してからまた再生しようとすると音が出ないことがあります。アプリケーションを再起動すると解消するのですがちょっと気になります。いちいちBit Perfectを再起動するのはけっこう面倒くさいんですよね。この現象が起きるのはスリープから復帰した後が多いのでスリープする前にアプリケーションを終了させておけば問題ありません。

ただ怖いのはこの音の変化に気を良くしてさらに深みにはまっていくことです。オーディオにおそらく200万円以上は使っていた過去があるだけにあまりはまりすぎないように注意したいと思います。もし、iTunesストアで購入できる楽曲がハイレゾ対応になったらシステムのグレードアップは避けられそうにないですねw

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク