fx−on

fx−on

ポンド円用のスキャルピングシステム たぬち

先日紹介したEA「さざなみ」は相場のアノマリーに注目したEAでしたが、今回は同じポンド円でもスキャルピングシステムを採用しています。 このEAも「さざなみ」同様に買いエントリー専用になっています。最近の相場状況を考えると買いエントリー...
fx−on

ゴトウ日にエントリーするEA

アノマリーを利用したEAである「さざなみ」が絶好調ですが、さざなみの開発者さんのnkyさんの作品の中にごとう日にエントリーするEAがあったのでチェックしてみました。 EA名は「ごとうびエントリー」というストレート名前になっています&#...
fx−on

シングルポジションで安定した利益を続けているポンド円用のEA さざなみ

ポンド円といえば自分の中ではトレーダーズ通貨であり、かなり荒い動きをするという先入観があることからEA化するのには不向きなのではないかと思っていました。 しかし、いざポンド円のEAを作ってみると簡単に右肩上がりのEAを作成できたりする...
fx−on

フォワードテスト絶好調のカコテン iOsMA (type DI) EURAUD

7月末からフォワードテストを継続しているカコテン iOsMA (type DI) EURAUDが好調を維持しています。 基本的にはMACDのOsMAを利用したEAですが、DIによりトレンドの方向性を判断するロジックを加えたことで非常に...
fx−on

ドローダウンからの回復を狙うMACD-Stoc_v1_USDJPY

シンプルロジックで高勝率のデイトレ、スイングトレードEAの「MACD-Stoc_v1_USDJPY」ですが、今月半ばにちょっとしたドローダウンに見舞われました。 まあ、EAにはドローダウンの時期がどうしてもあるのでいちいち気に...
fx−on

右肩上がりでも注意が必要なスワップ狙いのEA

2通貨間の金利差を狙ってトレードする手法は、豪ドル円など金利差が大きくスワップが多く望めそうな通貨ぺアで有効です。私もFXを始めた当初はドルと円の金利差を利用したスワップトレードをしていました。 スワップによる利益はキャピタルゲインに...
fx−on

MACDとストキャスティクスを使用したシンプルロジックのトレンド系EA MACD-Stoc_v1_USDJPY

FXのテクニカル分析の基本中の基本と言えば移動平均線なのですが、その移動平均線を基にしているMACDも押さえておきたいテクニカル分析の一つですね。 MACDが移動平均線を基にしていることからもわかるようにこのテクニカル指標もトレンドを...
fx−on

非常に珍しいEURAUDのスイングトレードEA カコテン iOsMA (type DI) EURAUD

ブローカーの違いによるスプレッドの差はスキャルピングEAの成績に影響を与えます。このブローカーはプラスだけどこのブローカーだと損をしてしまったという事例は調べてみると結構出てきます。 スキャルピングEAの中にはコンマ数秒の差が命取りに...
fx−on

アジア時間のブレイクアウトEA CycleTrapAsianBreak2_GBPJPY

ニューヨーク市場が終わるとオセアニア、アジアのマーケットが順次オープンします。しかし、この時間帯は市場参加者が少ないため比較的緩慢な動きに終始することが多いのでレンジトレードでのスキャルピングEAが活躍する時間帯になっています。 かな...
fx−on

今一押しのドル円朝スキャルEA Morning_Limited

あれだけ絶好調だったドル円用の朝スキャEA「EGOIST (USDJPY)」の調子が上がってきません(-_-;) このEAは2015年の5月くらいから徐々に調子を落とし始め、9月後半になっても立ち直る気配はありません。フォワードテスト...