クライアントターミナルの設定

Hornet USDJPY | fx-on.com

クライアントターミナルは、通常、「ツール⇒オプション」またはCtrl+Oホットキーで表示される特別なウィンドウで設定します。全ての設定が以下のタブにまとめられています。

◾サーバ : サーバへの接続パラメータの指定、プロキシサーバ及びデータセンターの設定、他の重要な設定をします。
◾チャート : 価格チャート表示に関する一般的な設定をします。周期区切り、Ask価格水準、四本値の表示を設定します。さらに、保存及びチャートに表示されるバーの数をこのタブで決定します。
◾オブジェクト : オブジェクト操作のパラメータを設定します。作成後のオブジェクトの選択、設定及び配置パラメータはここで決定されます。
◾取引 : 新しい注文を開くためのパラメータのデフォルト値を設定します。通貨ペア、数量、価格誤差についてのオプションも含まれます。
◾エキスパートアドバイザ : 全エキスパートに共通なパラメータを設定します。 エキスパートアドバイザ作動の無効化、外部DLLライブラリ及びエキスパートアドバイザからの関数のインポートの有効化等、他の様々な機能のオプションが含まれます。
◾Eメール : Eメールパラメータを設定します。ターミナルから直接Eメールを送信する必要があるとき、使用するメールボックスのパラメータを設定する必要があります。
◾パブリッシャ : インターネット上のレポートの発行の設定です。ターミナルは口座状況に関するレポートをインターネット上にリアルタイムモードで発行できます。FTPを介した接続が使用され、それについての設定はこのタブで行ないます。
◾音声設定 : システム内のイベントを通知するシグナルの設定です。シグナルは接続不能、ニュース受信などの情報を通知し、取引作業を簡便化します。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク