エキスパートの作成

Hornet USDJPY | fx-on.com

MT4エキスパート(EA)の作成

エキスパートを作成するには、MQL4とMetaEditorを使用する必要があります。エキスパート編集プログラムを起動するには、「ナビゲータ⇒エキスパートアドバイザ」ウィンドウコンテキストメニューの「作成」コマンド、または「ツール⇒MetaEditor」コマンドを実行するか、F4ホットキーまたは「標準」ツールバーのMetaEditorボタンをクリック必要があります。その後、エキスパート作成ウィザードが自動的に開き、新しいMQL4プログラムで作業を開始することができます。作成するオブジェクトのタイプとして「エキスパートアドバイザ」のフラグを立て「次へ」ボタンをクリックし、以下の欄を書き込みます。

  • Name : エキスパートの名前です。
  • Author : 開発者の名前です。
  • Link : 開発者のサイトへのリンクです。
  • Parameters : エキスパート入力値のリストです。新しいパラメータを追加するには「Add」ボタン、パラメータを削除するためには「Delete」ボタンをクリックします。

その後、定義された入力値のある新しいエキスパートウィンドウがMetaEditorの中で開きます。エキスパートのソースファイル(*.MQ4)はクライアントターミナルの/EXPERTSフォルダに自動的に保存されます。この時点で、エキスパートコードを書き始めることができます。

エキスパートの開発の終了後、コンパイルする必要があります。これを行うには、エキスパートエディタで「File⇒Compile」コマンドを実行するか、F5ホットキーまたは ツールバーのCompileボタンを押します。コンパイルが問題なく完了すると、*.EX4拡張機能付きの実行可能なプログラムファイルが作成され、/EXPERTSフォルダに自動的に保存されます。コンパイル済みエキスパートのリストはクライアントターミナルの「ナビゲータ⇒エキスパートアドバイザ」ウィンドウで見ることができます。エキスパートが正常に終了しなかった場合、そのアイコンは灰色になります。このことはこのエキスパートが使用できないことを意味します。

MT4エキスパートの編集

既存のエキスパートの編集をターミナルから開始するには、「ナビゲータ⇒エキスパートアドバイザ」ウィンドウコンテキストメニューの「編集」コマンドを実行する必要があります。その後、エキスパートエディタは選択したエキスパートのソースコードを開きます。このエキスパートソースコードの変更後、それを再コンパイルして、新しい実行可能なEX4ファイルを作成する必要があります。そうしなければ、ターミナルは変更されていないエキスパートの以前のバージョンを使用します。

注意 : エキスパートのコンパイルが正常に終了しなかった場合、そのアイコンは灰色になります。 これはこのエキスパートが使用できないことを意味します。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク