エキスパートの設定

Hornet USDJPY | fx-on.com

MT4エキスパート(EA)の設定

エキスパートはその使用の前にまず設定しなければなりません。すべてのエキスパートに共通の作業パラメータがクライアントターミナル設定ウィンドウに定義されています。このウィンドウは「ツール⇒オプション」メニューコマンドを使って、またはCtrl+Oホットキーで開くことができます。エキスパートパラメータを設定するには、「エキスパートアドバイザ」タブを選択する必要があります。そこでは以下の設定が使用可能です。

◾エキスパートアドバイザ(EA)を有効にする(カスタム分析とスクリプトを除く)
このオプションはすべてのエキスパートを有効または無効にすることができます。無効にされた場合は、新たにレートが更新されるとstart()関数はすべてのエキスパートについて実行を停止します。そのとき、チャートの右上隅にあるエキスパート名のスマイリーマークが短剣マークに置き換えられます。エキスパートを有効にするには、このオプションのフラグを立てて、「OK」をクリックします。エキスパートは新たにレートが更新されると作動を開始し、右上隅の短剣マークは再びスマイリーマークに置き換えられます。

注意 :

◾エキスパートは新たにレートが更新されると作動を開始し、しばしば次のレートが更新される前にその作業を完了します。エキスパートを無効にしても、すでにアクティブなエキスパートの作動は中断されません。

◾このオプションはエキスパートアドバイザに有効で、カスタム分析とスクリプトについては自動的に有効になりません。
◾口座変更時にエキスパートを無効にする
このオプションは、口座が変更になったときにエキスパートを無効にする安全ツールです。たとえば、デモ口座からリアル口座に切り替えるときに役に立ちます。エキスパートを有効にするには、そのフラグを取り消し、「OK」をクリックします。
◾チャートグループの変更時にエキスパートを無効にする
プログラム画面のすべてのチャートの現在の設定に関する大量の情報がチャートグループに保存されています。とくに、添付されているエキスパートについての情報がチャートグループに保存されています。チャートグループに含まれているエキスパートは新たにレートが更新されると作動を開始します。このオプションを有効にすると、チャートグループが変更されたときにエキスパートの起動が無効になります。
◾ライブ取引の許可
エキスパートはトレーダーの参加なしに自動的に作動することができます。エキスパートは価格変動と取引の両方を分析することができます。このオプションの趣旨はエキスパートの取引関数を制限することにあります。これらの制限はエキスパートのリアルタイムモードでの分析機能のテストに有効です(ヒストリーデータに基づくエキスパートのテストと混同してはなりません)。
◾Askの手動確認
このオプションはエキスパートが取引を許可される場合に限り有効です。このオプションが有効で、エキスパートが取引を試みると、手動で取引を確認することができます。言い換えると、エキスパートの取引オペレーションはこの手動確認オプションを使って管理することができます。これはエキスパートのリアルタイムモードでの取機能のテストに有効です(ヒストリーデータに基づくエキスパートのテストと混同しないでください)。
◾DLLインポートの許可
エキスパートはDLLを使ってその機能を拡張することができます。このオプションが有効なときは、制限もなくライブラリを使用することができます。このオプションを無効にすると、エキスパートは外部DLLを一切使用できなくなります。不明なエキスパートを使っているときはDLLのインポートを許可しないようにしてください。
◾DLL関数呼出しの確認
このオプションはDLLインポートが許可される場合に限り有効です。このオプションは呼び出された各関数の実行の手動制御を許可します。無効の場合は、外部ライブラリからのインポートは制御されません。このオプションは不明なエキスパートを使っているときに有効にすることをお勧めします。
◾外部エキスパートインポートの許可
エキスパートの作動中に他のエキスパートまたはMQL4ライブラリから関数をインポートする必要がある場合は、このオプションを有効にしなければなりません。無効の場合は、すでに起動しているどのエキスパートも他のMQL4プログラムから関数を呼び出すことができません。このオプションは不明なエキスパートを使っているときに無効にすることをお勧めします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク