FXは24時間いつでも市場がオープンしている

Hornet USDJPY | fx-on.com

外国為替市場は東京市場をはじめ、ニューヨーク、ロンドン、香港、シンガポール、シドニー、バーレーン、ウェリントンなど世界各地にあります。東から太陽が昇り、西に沈んでいく間に世界のマーケットの中心はどんどん移動していきます。

一番最初に日が昇るニュージーランドのウェリントン市場が為替マーケットのスタート地点になります。続いてオーストラリアのシドニー市場。そして私たちのメインマーケットになるであろう東京市場が続きます。香港市場、シンガポール市場とアジアの地域が中心の時間帯が過ぎると中東の出番、バーレーン市場のスタートです。

バーレーンの次はいよいよ欧州のマーケットがオープンします。ドイツのフランクフルト市場がスタートしてすぐにドイツの経済指標が発表されることが多いのですが、この結果次第でユーロのレートが大きく変動します。フランクフルト市場が盛り上がってきた頃に世界最大の外為市場であるロンドン市場が始まります。英ポンドが動き始める時間帯ですね。

その後為替市場は北大西洋を横断して北米に移ります。世界2位の取引量を誇るニューヨーク市場のスタートです。アメリカの経済指標の発表がある日は世界の基軸通貨である米ドルが大きく動きますので要注目です。ニューヨーク市場が終わると再びウェリントン市場がスタートします。

以上で為替マーケットは地球を一周したわけですが、まさに眠らないマーケットといってもいいですね。私たちがその気になればいつだって市場に参加できるのはFXの醍醐味の一つです。日中働いている人は夜ニューヨーク市場でトレードに参加できるし、日中時間が取れる人は東京市場でドル円の動きに集中できるわけです。それぞれのライフスタイルに合わせてトレードできるという点で誰でもFXに参加することができるあたりが今でも人気を保っている理由なのかもしれません。

為替市場の1日

5:00〜15:00
ウェリントン(ニュージーランド)

7:00〜17:00
シドニー(オーストラリア)

8:00〜18:00
東京(日本)

9:00〜19:00
香港(中国)

9:00〜19:00
シンガポール(シンガポール)

14:00〜23:00
バーレーン(バーレーン王国)

15:00〜2:00
フランクフルト(ドイツ)

16:00〜3:00
ロンドン(イギリス)

21:00〜6:00
ニューヨーク(アメリカ)

各マーケットの特徴

ウェリントン
1日の始まり、1週間の始まりはニュージーランドのウェリントン市場からスタートします。マーケットの開いていない週末に注目材料が集まると月曜日の5時に開場するウェリントン市場にトレーダーの注目が集まります。

シドニー
オーストラリアのシドニー市場では、マーケットの参加者もまだ少なくてゆったりとした値動きになることが多いようです。

東京
東京市場は世界三位の取引量のある大きなマーケットです。日本の経済指標が発表される8時代後半から銀行がレートを決める9時55分までの動きは活発なので要注目です。

香港
アジアでは東京、シンガポールに次ぐ取引量があります。

シンガポール
近年取引量が増加しているシンガポール市場。アジア通貨の取引が盛んに行われています。

バーレーン
中東のバーレーンは金曜が休場という珍しいマーケットです。そのかりに土日もマーケットがオープンしているので未来レートとして参考にしている人も多いようです。

フランクフルト
ついにヨーロッパのプレイヤーが参加してきます。ドイツの経済指標は16時頃からなのでユーロの動向を見るならマーケットで決まりです。

ロンドン
なんといっても世界最大の外国為替の取引量を誇るマーケットです。夕方からはニューヨーク市場と時間が重なるのでデイトレーダーにとってはやりがいのある市場といってもいいと思います。

ニューヨーク
ロンド市場で盛り上がってきた外為市場を引き継いで1日を締めるのがニューヨーク市場です。取引量もロンドンに次いで多いので動きも活発。アメリカの重要経済指標の発表のある日は要注意です。

世界時計がわかるオススメサイト

JAL国際線-世界時計・カレンダー

iPhoneやアンドロイドなどのスマホを使っていれば時計アプリを利用すれば簡単に世界時計を見ることができます。
iPhoneの場合だと標準の時計アプリの中に世界時計の機能があるので自分の知りたい都市を追加するだけでOKです。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク