チャート上の開いた窓を埋める動きをEA化!窓埋めシステム


FOREX.com 口座開設

土日を挟んだ週初めの月曜日。

週末に大きなニュースがあったりするとチャート上に大きなギャップが生じていることってよくありますよね。

FXに限らず相場関連ではこの開いた窓を埋めに行く動きが注目されますが、この窓埋めをMT4のEAにより自動売買するシステムが「窓埋めシステム窓埋めシステム | fx-on.com」です。

週足ベースで窓が開いたときに窓を埋める方向にエントリーするシステムで多通貨トレードに対応しています。

2015-07-24_18h21_26

• AUD/CAD(オーストラリアドル/カナダドル)
• AUD/JPY(オーストラリアドル/円)
• AUD/NZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)
• AUD/USD(オーストラリアドル/アメリカドル)
• CAD/JPY(カナダドル/円)
• CHF/JPY(スイスフラン/円)
• EUR/AUD(ユーロ/オーストラリアドル)
• EUR/CAD(ユーロ/カナダドル)
• EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン)
• EUR/GBP(ユーロ/ポンド)
• EUR/JPY(ユーロ/円)
• EUR/USD(ユーロ/アメリカドル)
• GBP/CHF(ポンド/スイスフラン)
• GBP/JPY(ポンド/円)
• GBP/USD(ポンド/アメリカドル)
• NZD/JPY(ニュージーランドドル/円)
• USD/CAD(アメリカドル/カナダドル)
• USD/CHF(アメリカドル/スイスフラン)
• USD/JPY(アメリカドル/円)

トレード可能なのは19通貨ペアとなっています。複数通貨ペアで運用することによりリスクを分散させる効果を期待しているようです。「窓埋めシステム」により複数通貨ペアを組み合わせたポートフォリオ組んで運用することであらゆる相場状況に柔軟に対応することが出来そうです。

窓埋めで難しいことに一つにストップロスをどこに置くかということがあると思いますが、「窓埋めシステム」の場合はストップロス設定値によりこれを解決しています。窓を埋めないという状況になった場合に生じる損失を限定できる点でストップロスを置くこのシステムは安心できます。

窓の大きさやストップロスの大きさは各通貨ペアごとによって違うと思いますが、あらかじめ各通貨ペアにおける推奨値が提供されているのであまり余計なことに悩む必要はありません。

またロットを可変するシステムを実装することで利益を最大限に伸ばす工夫もされています。

負けた時にロットを増やすというのはマーチンゲール風なのですが、EAのデフォルト設定では3連敗後にロットを増やす設定になっています。単純にロットを上げるわけではないのでなかなか面白いアプローチだと思います。

19通貨ペア対応の窓埋めEA。勝敗に応じてベッティングを実施。
窓埋めシステム
窓埋めシステム | fx-on.com

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする