人気のテクニカル分析「平均足」を使ったロジックを検証!平均足EAは意外と悪くない?~MT4フリーEA

MT4のインジケーターの中でも異彩を放つ平均足

MT4に標準で用意されているインジケーターは数多くありますが、その中でも一目均衡表と平均足は他のテクニカル分析とは違う雰囲気を漂わせています。

一目均衡表は5本のラインにより相場を分析する手法でこれさえ使っておけばなんとなく勝てそうな気持にさせてくれます(笑)

実際に一目均衡表を使いこなそうとしたら非常に難しいのですが、一目均衡表のすべてを理解しなくてもEAに組み込める懐の深さを持っています。

一方の平均足は非常にシンプルな外観ながら自己主張が激しく、上昇トレンド、下降トレンドをカンタンに教えてくれる初心者に優しいインジケーターです。

一目均衡表に関しては過去に何度もEA化しているので今回は平均足にスポットを当ててみたいと思います。

平均足とは何ぞや?

平均足というインジケーター、知ってはいたのですがトレードに利用したことは一度もありません(;^_^A

見やすくていいなあとは思っていたのですが、トレンドは移動平均線で把握することが多いので平均足には興味があったものの利用するまでには至らなかったのです。

平均足の計算方法は以下のとおりです。

始値 = (前日平均足の始値+前日平均足の終値)/2
高値 = 当日高値
安値 = 当日安値
終値 = (当日始値+当日高値+当日安値+当日終値)/4

高値と安値はロウソク足と共通ですが始値と終値の計算方法で平均値を用いている点が異なっています。ここで平均を使うことから平均足という名前になったのでしょうがこれを最初に考えた人はすごいですね。

4本値を平均することでトレンドの状況が非常に見やすくなっています。MT4の4時間足に平均足を表示するとこんな感じになりますが、非常にトレンドが把握しやすくなっています。

平均足を使ったトレード手法をEA化

ではさっそく平均足を使ったトレード手法を考えてみましょう。

とはいうもののチャートを見ればわかるように上昇トレンドは白で表示され、下降トレンドは赤で表示されるのでそれに素直に従った方が良さそうです。

つまり平均足が白の時にロングエントリー、赤の時にショートエントリーするというシンプルなロジックになりますね。

平均足の色が変わったらクローズします。

EAつくーるでこのロジックをEA化しバックテストしてみました。

後半の方で落ち込みが見られるのですがテクニカル分析を一つしか使っていないシンプルロジックの割にはいいのではないでしょうか。しかもパラメーターが存在しないのでカーブフィッティングしたくても出来ません(笑)

まあストップロスとテイクプロフィットくらいは追加したほうが良いのでしょうけど。

単体でこれだけの潜在能力を見せつけてくれたので、平均足をトレンドフィルターとして使ったロジックも考えてみたいですね。

今回作成したEAは以下のリンクからダウンロードできます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする