EAつくーるを使ってハイロータイプのバイナリーオプションのトレード戦略を考えてみる

ハイローオーストラリアに代表されるハイロータイプのバイナリーオプションは判定時間での価格が安いか高いかを予測するだけなのでルール的には非常に簡単で子供でもトレード出来ます。

しかしルールが簡単なだけで、ハイローで勝つということは思ったよりも簡単なことではありません。ハイローオーストラリアのデモトレードで勝率が60%を超えるような人は見込みがあるかもしれませんが、50~60%をウロチョロしている人はトレード戦略を変更する必要があると思います。

FXをかじったことのある人なら相場の癖とテクニカル分析を駆使することで、勝てる手法に辿り着く可能性が高いと思います。特にスキャルピングを得意としている人にとってはハイロータイプのバイナリーオプションは馴染みやすいかもしれませんね。

バイナリーオプションの戦略を考える時にはテクニカル分析の知識があった方が圧倒的に有利です。トレンドライン、高値・安値ライン、移動平均線などが目安として有効だと思うので、チャート上にラインやインジケーターを簡単に描画することの出来るMT4(メタトレーダー4)やMT5を使用するのがお勧めです。時間足が豊富なMT5、公開されているカスタムインジケーターが豊富なMT4とそれぞれ特徴があるので、用途によって切り替えて使用するのがオススメ

MT4では自動売買ソフトが使用できるのですが、残念ながら日本人が気軽に利用できる海外ブローカーが見当たりません。

しかし、たとえ自動売買が出来なくてもEAを使用することでトレード戦略を練ることが出来るかもしれません。

EAは自動売買プログラムなのでプログラミングの知識のある人しか作成できないのかというとそういうわけではありません。EAつくーるというEA作成ソフトを使用すればプログラムが書けなくても簡単にEAを作成することが出来るのです。

EAつくーるにのオプション機能には「一定時間経過で決済」という便利な機能があります。読んで字のごとし、エントリーして一定時間が経過したらポジションをクローズする機能です。

バイナリーオプションの戦略を考える場合にこの機能は非常に効果的です。

例えばエントリーから「600」秒以上経過で決済という指示をだしておけばエントリーしたポジションは10分後ににクローズされますし、3600と入力すれば1時間後にクローズしてくれます。

ハイローオーストラリアの「HighLow」や「HighLowスプレッド」では1時間という判定時間があるので、この機能を利用してEAを作成すればバックテストをすることが出来るのではないでしょうか。

というわけで簡単なEAを作成してみました。

ロジックはFXをやっている人なら誰でも知っているボリンジャーバンドを使用した日本時間の早朝にトレードするスキャルピングシステムです。いわゆる朝スキャEAですね。

朝スキャシステムと違うのは損切りと利益確定を行わないという点です。クローズはすべてエントリーからの経過時間に委ねています。

ではさっそくこのEAをバックテストしてみましょう!

バックテスト結果では損益ではなく勝率に注目してください。

ハイローオーストラリアの1時間取引でのペイアウト倍率は1.89なので、勝つためにに必要な勝率は52.91%になります。

つまりバックテストでの勝率が52.91%を超えていればハイロー型バイナリーオプションのロジックとしては見込みがありそうだということですね。

今回のEAの勝率は57.38%という結果で損益分岐点を超えています。ロジックとしては悪くないと言えるのではないでしょうか。ただし実際に使用するとなるともう少しトレード回数が欲しいですけどね(^^;)