SSD、HDD容量の少ないパソコンでMT4を使っている人はログファイル、HSTファイルの増大に注意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SurfaceProでバックテストをしていたらみるみる容量が少なくなった

以前、Windowsのノートパソコンが不調になり急遽買い換えたことがあったのですが、あまり魅力的なものがなく消去法で選んだのSurfaceProでした。予算の都合で128GBモデルを選んだのですが、起動も早く動作もキビキビしていたのでかなり気に入っていました。強いて不満点あげれば画面がちょっと小さめだったことと、バックテストをしていると本体がかなり熱を持つことくらいでした。あ、それとキーボードもペニャペニャしていましたね(笑)

バッテリー持ちが良かったので外出先でもEAの開発が出来てなかなかいい買い物をしました。

しかし、ある日突然ストレージの容量がいっぱいになってしまい、バックテストが途中で止まってしまったのです。正直MT4以外のアプリはオフィスくらいしかいれていない状況だったし、画像や動画ファイルもスマホと同期している程度だったので原因がまったくわかりませんでした。

エクスプローラーで巨大なファイルを検索

大きなファイルを見つけるときに便利なのがエクスプローラーです。右側の検索ウィンドウに「サイズ:巨大」と打ち込めば開いているフォルダ内の巨大なファイル(128MB以上)を検索してくれます。

検索した結果なんと原因はMT4フォルダ内にあるログファイルとHSTファイル(.hst)だったのです。

当時1分足のEAでポジションを頻繁に持つEAを作ろうと思い複数の通貨ペアで何回もバックテストしていたのですが、トレード回数が多すぎてログファイルが膨大なサイズになっていたのです。

そしてもう一つの原因はバックテスト時に生成されるHSTファイルです。このファイルが巨大だということは知っていたのですが、今まで使っていたパソコンはストレージ容量が大きかったため問題になることがなかったのです。

MT4内の巨大なファイルを検索したい時は、MT4のメニューバーから「ファイル」→「データフォルダを開く」という操作をすることででエクスプローラーが立ち上がります。検索窓に先ほどの検索ワード「サイズ:巨大」を打ち込めば目当てのファイルがすぐに見つかるはずです。

HSTファイルならGB単位でストレージを圧迫しますので、容量の少ないパソコンを使っている人は気にかけておいた方がいいかもしれません。

ログファイルのエラーログにも注意

バックテストをするとその結果がログファイルに書き込まれるわけですが、EAによってはかなり詳細なことまでログに記録する場合があります。自分でつくったEAならどんな時にログファイルに書き込まれるかわかるのですが、購入したEAの場合は開発者の考え方次第で書き込まれる量が変わってきます。

バックテストをしているとすぐにログファイルの容量が大きくなってしまうEAの場合には、頻繁にファイルを削除しておいた方がいいかもしれません。

Windows10の場合「全ての設定」→「システム」→「ストレージ」で簡単に残り容量がわかるので週に一度はチェックするようにしておくといいでしょう

フォローする

関連記事