イオンモバイルは止めて IIJmioの高速モバイル/Dサービス「音声通話機能付きSIM みおふぉん」に乗り換え

3大キャリアのプランに不満を抱いてMVNOの格安SIMに移行している方も多いのではないでしょうか。かくいう私も2年縛りの更新月を迎えたことで長年使ってきたDocomoからついにIIJmioのプランに移行することを決意しました。

スマホでは通話はほとんどしないし、データ通信量も1GB以下の月ほとんどだったので新しいDocomoのプランは割高に感じたのが理由の一つです。

幸いDocomoの回線を使用しているMVNOは数多くあるので、今まで使用していたiPhoneがそのまま使えるのが有難いですね。

数あるMVNOの中で私が最初に目をつけたのが3月に提供が開始されたばかりの「イオンモバイル」です。

何が魅力かというとその価格の安さと、契約期間の縛りがないという点です。

まず価格からいうと音声付きの2GBプランが1,380円とという安さ!!

しかもこのプランは2017年3月分までは980円という特別価格で提供されます。

これはもう決まりでしょう!

というわけで近くのイオンに行ったら登録遅延が発生していてすぐには登録できないとのこと。この状態が数日で収まればまだしも、しばらく続いたことでイオンモバイルへの信頼は急激に下がってしまいまいした😞

実はイオンモバイルはIIJをMVNEにしているのですが、このIIJの評判がすこぶるいいんですよね。私も2年ほど前にデータ通信プランに加入してiPadに挿して使っていたのですが、全く問題なく快適に使用できていました。通信品質の維持にはこだわっている会社なので、加入者が増えた時でもいきなり通信速度が極端に遅くなるなどということはないのではないかと思います。

イオンモバイルの取り扱い店でIIJmioの加入もできるということなので、今回の乗り換えはイオンモバイルはやめてIIJmioにすることにしました。

MNPの予約番号があれば即日でSIMカードを受け取れるのも嬉しいですよね。1年間の縛りはあるんですけどね(^^;)

選んだプランはもちろん「音声通話機能付きSIM みおふぉん」です。

3GB/月も使えて月額わずか1600円〜とかなりお得な価格設定になっています。しかもあまったデータ量は翌月に繰り越せるので自分の使い方ならまず足りなくなることはありません。

月末だったので若干時間がかかりましたが、それでも2時間ほどで開通しました。

APNの設定のために構成プロファイルをインストールする必要がありましたが、「みおぽん」というアプリが用意されているので簡単にインストールできます。その後にIIJのサイトでお客様登録をすれば手続き完了です。

意外と簡単!

LTEも問題なく掴んいるようですし、通話もできます。このままだと通話料が高いので「みおふぉんダイヤル」アプリをインストールしました。このアプリを使うことでプレフィックス番号「0037-691」が電話番号の先頭につけられるので、通話料がなんと半額になります。

今のところ全く問題なく使えているので、他社からよほど魅力的なプランが登場しな限りはこのまま1年間使い続けると思います。家族で月額2万円近く支払っていたスマホ代が5000円以下になったのにはビックリです。

ソネットの0SIMなどさらにお得に使えそうなMVNOもあるので、データ通信をほとんど使用しない人はじっくりと検討することでさらに安く使える可能性があります。LINEもMVNOに参入するみたいなので2年縛りが解けるタイミングで乗り換える人は今後ますます増えていくのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする