iPhone5sをiOS8.1にアップデートしたらWiFiが遅かったのでネットワーク設定をリセットしてみた

Hornet USDJPY | fx-on.com

iPhone5SをiOS8,1にアップデートしたまでは良かったのですが、それ以降どうにもWiFiが遅かったり繋がらなかったりと本調子ではない状況が続いていました。
例えばSafariでブラウジングしているとにページを読み込んでくれなくなったり、読み込みが遅くなったりという状況が頻繁に起きていました。仕方がないのでそんな時はからWiFi切ってLTE使ってしのいでいました。

しかし、いつまでもこんな状態では面倒なので一念発起してiPhoneのネットワーク設定をリセットしてみることにしました。

やり方は簡単です。
iPhoneの「設定」という歯車みたいなアイコンをクリック。
「一般」
 ↓
「リセット」
 ↓
「ネットワーク設定をリセット」

するとパスワードを要求されるので間違いのないように入力して先に進むとネットワーク設定をリセットすることができます。

ネットワーク設定がリセットされてしまうのでWiFiは再度設定する必要があります。設定にはWiFiのパスワードが必要になるので「ネットワーク設定をリセット」する前に必ずパスワードを確認しておいてください。

ネットワーク設定をリセットした結果、現時点ではWiFiは絶好調です。もっと早くからこれをやれば良かったです^^;

iPhone6やiPhone6Plusでも有効かどうかはわかりませんが、簡単な操作なのでWiFiの問題で悩んでいる方は試してみるのも悪くないかもしれません。必ず良くなるかどうかもわからないのオススメはしませんが。
もしかしたらWiFiの不具合が解消したらバッテリー持ちも少しは良くなるかもしれません。アップデートしてから気のせいか電池の減りが早いような気もするので、この問題も解消したら嬉しいのですけどね。

ここ数日iOS8.1を使っていてiOS8.02よりもひどくなったとは感じません。むしろ使える機能が増えてアップデートして良かったなと思っています。あとは使用しているアプリで影響を受けるものがあるかどうかが心配なのですが今の所大丈夫かな??

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク