iOS 9およびiOS 9.01の脆弱性。「Siri」を利用してロック画面をバイパス

Hornet USDJPY | fx-on.com

もうiOS9.01にアップグレードしてしまいました(T . T)

iOS9.01にアップグレードしてからは、新機能にも慣れ、バッテリー持ちも良くなり、今回のアップデートは大成功だったと喜んでいたのですが・・・

いったいどのような方法でロック画面をバイパスすることが出来るのでしょうか?

iPhoneには音声で様々な機能を使えるパーソナルアシスタント機能「Siri」という便利な相棒が住んでいるのですが、今回の脆弱性はこの「siri」人の良さにつけ込んだ手口のようです。

「siri」はデフォルト設定では有効化されているので、危険にさらされているiPhoneはかなり多いのではないでしょうか。

ロック画面を解除するパスコードに4桁、あるいは6桁のパスコードを設定している危機で発生しているようです。

iPhone6SやiPhone6S Plusのユーザーの方は、購入時からiOS9なので注意が必要です。また今回のiOS9は、かなり速いペースでアップデートされているようなので旧型の端末でiOS9やiOS9.01にアップデートしてしまった人もiPhoneの置き忘れに注意したほうが良さそうですね。

対策としては「siri」無効化が有効的ですが、友達が一人減るようでなんだか寂しいですね。iOSの次期アップデート(iOS9.02)に期待したいですね。

「iPhoneを探す」でロックをかけてもダメなんでしょうかね?

まだiOS9.01にアップデートされていない方は、この脆弱性の不具合が解消されるまではアップデートしないことをお勧めします。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク