「iPhone 7 Plus」に「NANDフラッシュメモリ」搭載の256GBモデル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の秋には登場するであろうiPhone 7 Plusの写真がリークされたようで、そこには256GBの文字のあるNANDフラッシュメモリが写っていたようです。

原稿のiPhone6S Plusのメモリ構成は「16GB/64GB/128GB」の3種類ですが、iPhone 7 Plusでは「16GB/64GB/256GB」という構成になりそうです。

64GBの次が128GBでなくて256GBになってしまうわけですが、デュアルレンズカメラで高解像度の動画を積極的に撮影したいユーザーにはこのくらいの大容量の方が嬉しいですよね。

お値段はお高くなりそうですが、 microSDカードスロットのないiPhoneシリーズの場合はメモリが足りなくなっても後から増設することは出来ません。長く使うのであれば256GBの選択肢はアリだと思います。

正直16GBモデルはラインナップから姿を消してもらって、32GBから始まった方が嬉しいんですけどね。16GBだとあっという間に容量不足になってしまいそう。

そうなると実質的な売れ筋は64GBになるんでしょうね、動画をガンガン撮らなければ十分な容量ですよね。

256GBと容量が大きくなるのは嬉しいのですが、バッテリーの容量はどうなんでしょうね。こちらも併せて大容量化していただき、電池持ちの不安を解消していただければ。

iPhone 7も同じ構成になるのか気になりますね。やっぱり現行モデルと同じになるのかな。