New iPhone SE が2018年第1四半期(1〜3月)に出荷開始か

4インチiPhoneのお手軽な大きさが大好きな人にとって気になるニュースが・・・

次期iPhone SE、2018年早々に発売されるかも?台湾で報道

Appleのサプライヤーである台湾Wistronが、インドにおけるiPhone SEの生産能力を増強し、次世代iPhone SEの生産に備えていると、台湾メディアFocus Taiwanが報じています。

Wistronは今年5月より、インド国内工場でのiPhone SE組み立てを開始し、6月からインド国内向けに販売しています。

iPhone6から大型化してしまったため、4インチの手のひらサイズのiPhoneが好きなユーザーにとって選択肢はiPhone SEしか残っていませんでした。

iPhoneSEでも日常使いには十分なパフォーマンスを持っており、特に急いで買い換える必要性もないのですが、次期モデルの噂が出てくると気になるものですよね。

もしかするとSEユーザーよりもiPhone 5Sユーザーの方が気になるかもしれないですね。さすがに次期OSであるiOS11が登場したらパフォーマンス的には今より辛くなる可能性もあるでしょう。買い替え機種の選択肢が増えることは悪いことではありません。

そんな次期iPhone SEですが、参照元の記事を読んで見るとかなりスペックの増強が計られているようです。

  • A10プロセッサ
  • 2GB RAM
  • 1,700mAhバッテリー
  • 1,200万画素のリアカメラ
  • 500万画素のフロントカメラ
  • ストレージ容量は32GB、128GB

まだ噂の段階をでないので信ぴょう性は高いものではないのですが、もしこのスペックで登場したらかなり魅力的なのではないでしょうか。

おそらく価格的にもiPhone8に比べるとかなり安くなっているはずです。そうなると格安SIMの会社が取り扱う可能性もあるかもしれないですね。旧型になって格安になったSEを扱う可能性もありそうですが。

iPhone8の価格はかなり高そうなので、各キャリアにも廉価版として扱ってほしいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする