iPod nanoとiPod shuffleが販売終了!その代わりにiPod touchは値下げ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPod nanoとiPod shuffleの販売が終了になったようです。元ユーザーとしては何とも言えぬ寂しい気持ちになってしまいますが、時代の流れなのでしょうかね(^^;

通学時の音楽プレイヤーと言えば私の学生時代はウォークマン一択でしたが、最近ではiPod nanoやiPod shuffleにお世話になったという学生さんの方が多いのかな。

音質へのこだわりはウォークマンの方がありそうですが、UIの使いやすさや楽曲購入を含めた聴きやすさなどという点を考慮した場合、総合力で軍配が上がるのはAppleの製品群なのかもしれません。

iTunesという小さな壁はありますが、使いこなしが難しいソフトではないし、WindowsでもMacでもどちらでもつかえるのはポイントが高いですね。iTunesを母艦にして音楽をぶち込んでしまえば、nanoやshuffleに簡単に音楽を入れて持ち運ぶことが出来ます。

小さくて軽いnanoやshuffleで音楽を持ち運ぶことを知ってしまうと、重いミュージックプレイヤーで音楽を聴くことが馬鹿らしく感じてきてしまうことでしょう。

nanoやshuffleは価格も手ごろだったため学生のお小遣いでもなんとか入手することが出来たし、親からしてみればクリスマスや誕生日プレゼントにあげるのにちょうど手ごろな価格帯のいい商品でした。Appleの入門機として果たした役割は大きなものだったと言っても過言ではないでしょう。

nanoとshuffleの販売が終了したわけですが、その代わりにtouchの価格を下げて入門機としての役割を担わせるようですね。子供にいきなりiPhoneを買い与えるのは経済的な負担も大きいので、touchの低価格化は大いに評価したいところですね。