JBL PEBBLES USB DACを内蔵したバスパワードスピーカー

MacBookProからMac miniに移行したら内蔵スピーカーが貧弱^^;

MacBookProを嫁に取られてから急遽購入したMac miniですが、価格が安い割に満足感が高い製品です。最近Mac miniはモデルチェンジしたので旧型になってしまいましたがまだまだメインのPCとして使っていけそうです。もっとも動画の編集などの負荷のかかる作業をするのにはパワー不足であることは間違いなしです。メモリは16GBに増設してありますが、CPUがそれほど早くないのでちょっとした処理に時間がかかります。

とはいえ、サファリやFireFoxなどのブラウザでwebを閲覧したり、ワードやエクセルなどのOffice系のソフトで作業するのには十分なパフォーマンスを持っているのは自分的には合格点をあげられます。Parallels Desktop for MacでもMT4でEAのバックテストすることくらいは問題なくできるので最近ではWindowsパソコンの前に座る機会がめっきり減ってしまいましたw

便利づくめのMacminiですが、残念なことに内蔵スピーカーが非常にプアです。
MacBookProの内蔵スピーカーと比較してもひどいとしか言いようのない貧弱な音を奏でだしてくれますw

とりあえず、音楽を聴きながら作業するときにあまりひどい音で聴きたくないのでミニコンポを接続してお茶を濁していました。ヘッドフォン端子から出力してミニコンポにライン入力して接続していましたが意外といい音がしてびっくりしました。しかし、狭いデスクの上にミニコンポはさすがに邪魔になってきたのでPC用のスピーカーを購入しました。

JBL PEBBLES

JBL PEBBLES

Olasonicと悩んだ末にJBL PEBBLESに決定

東和電子のOlasonicと最後まで迷ったのですが、安さとデザインの良さに優れたJBL PEBBLESが我が家にやってくることになったのです。Amazonで購入したのですが、とにかく安い。税込、送料込みで4,000円を切っています。

PEBBLESの一番の魅力はパソコンのUSBに接続するだけで音が出ること。邪魔なACアダプタは必要ありません。USBから電源を取るのでケーブルが少なくなり、パソコン周りが非常にすっきりします。しかも、余分なケーブルは本体の下部にクルクル巻きつけて置けるという親切設計です。JBLってこんなにきめ細やかな会社でしたっけ?昔、JBLの4312を使っていた頃は国産に比べて仕上げが荒いなあと思っていたのですが。

そして、もう一つの大きな魅力。それはUSB−DACが内蔵されていることです。つまり、パソコン内でアナログに変換せずにUSBケーブル経由でデジタル信号としてPEBBLESに入力されるわけです。入力されたデジタル信号はPEBLLES内のDACでアナログに変換されて内蔵アンプにより増幅されます。ラインケーブル経由じゃないので音質の劣化も少ないし、そもそもラインケーブルが必要ない。ケーブルが少なくなって机の上はスッキリ、デジタル接続で音もすっきりというわけです。

実際に音を出してみると若干高音が強調されている音質ではありますが、4,000円の価格を忘れるほどのクオリティです。さすがにミニコンポを繋いだ時の音質には遠く及びませんが、小音量でも聴きやすく、大音量でも嫌な音を出さないというよく躾けられたスピーカーになっています。

よく考えればこのスピーカーユニット専用にDACをチューニングしてあるのでしょうから、味付けは自由自在ですよね。

不満店はちょっと大きいことくらい。特に高さがあるのでディスプレイの両脇に置かないと邪魔になります。27インチ以上の大画面のディスプレイだと付属のコードが短いので両脇に置けないかもしれないですね。
横向きにも置けるのですが、音の広がりがなくなるので音楽を聴くときは縦置きの方がいいと思います。
スピーカー同士を接続しているコートを交換できればいいのですが、スピーカー内部で接続されているため交換不可となっています。USBのケーブルも交換できないので個人でできる音質アップの手段がないのがちょっと寂しいですね。

ハイレゾとは縁遠いスピーカーではありますが、PCスピーカーとして割り切ればこれほどいいスピーカーはないと思います。スピーカー選びに悩んだらPEBLESも選択肢の一つに加えておくことをお勧めします^^

PEBLESもやはりスピーカーということで可動部分があります。長い間鳴らすことによるエージング効果で購入当初よりもさらに低音が出てくるようになりました。壁との距離を調整することによって低音を増強することも出来るのでセッティングも楽しめるということですね^^

もし、スマホとBluetoothで接続して音楽を聴きたい時は同じくJBLでリーズナブルなスピーカーがあります。

JBL Flip2

オススメポイントはBluetooth3に対応していることです。Bluetooth2は圧縮して伝送するのに対して、Bluetooth3は非圧縮で音楽データをスピーカーに伝送してくれます。そのためBluetoothスピーカーにありがちな篭った音ではなく、クリアな音質で音楽を楽しむことが可能です。

http://jbl.harman-japan.co.jp/product.php?id=flip2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする