移動平均線と価格の乖離でエントリーする逆張りEA ~MT4フリーEA

価格は行き過ぎると戻ってくる

売られすぎ買われ過ぎという言葉があるように、過ぎたるは及ばざるがごとし、価格はいずれ戻ってくるものです。青天井で戻ってこない時もありますが(笑)

行き過ぎた価格の戻りを狙うのが逆張りトレードですが、通常はRSIやストキャスティクスなどのオシレータを使って行き過ぎを判断しますが、トレンド系のインジケーターで移動平均線と価格の乖離を利用して逆張りをすることも可能です。

移動平均線と価格の位置関係は相場の状況を如実に表してくれるのですが、普段は傾きや二本の移動平均線の位置関係に注目しがちです。しかし今回は価格と移動平均線の離れ具合により行き過ぎを判断する逆張りEAとして使ってみたいと思います。

指定した距離(pips)以上になると逆張りする

今回のEAに使用するインジケーターは移動平均線1本だけです。この移動平均線と価格の差を求め、差が指定したpips以上になったら逆張りでエントリーします。

逆張りEAなので利小損大の方がいいパフォーマンスになると予想していたのですが、損小利大の設定の方がパフォーマンスが上でした。おそらく数回に一度の確率で反転のポイントをうまく掴めているのかもしれません。もっともトレード回数の少なさから見てもわかるようにエントリーを吟味しすぎているので実際にこのまま使うことは難しいでしょう。

今回は移動平均線と価格の距離のみによる逆張りだったのですが、さらに移動平均線の傾きやボラティリティなどを加味し、乖離の判定を甘くすることでもっとパフォーマンスを向上させることができるかもしれませんね。

「Download」をクリックするとEAをダウンロードできます(ユーロポンド(EIRGBP)1時間足で動作します)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする