ゲムトレードの無料EA カコテン iMomentum (type DI) AUDJPY

Hornet USDJPY | fx-on.com

fx-onでもカコテンシリーズの豪ドル円のEAは絶好調なのですが、ゲムトレードにもカコテンシリーズがあるようです。

fx-onで人気があるのは「カコテン iIchimoku AUDJPY」という内部ロジックに一目均衡表を使用したEAで、フォワードテストの結果も順調です。

カコテン iIchimoku AUDJPY | fx-on.com

一方ゲムトレードにあるのはモメンタムを使用したカコテン iMomentum (type DI) AUDJPY というEAになります。

カコテン iIchimoku AUDJPYと同様に比較的トレードスパンの長いスイングトレードに属するEAで、過去10年分のヒストリかるデータを使用して有効性の検証を行っています。

他のカコテンシリーズ同様にシンプルロジックなので、長期にわたって安定したパフォーマンスを残しているのでしょう。モメンタムは相場の勢いを掴むインディケーターですが、さらに相場の方向性を判断するDIを使用してドローダウンの少ないトレードを実現しています。

カコテンシリーズEAの特徴としてバーの始めにしか動かないので、バックテストとフォワードテスト結果の乖離が非常に少なくなります。両建てなしの1ポジションのみのトレードなので他のEAと併用する時の資金管理が楽になります。

8月17日からフォワードテストを開始していますが、取引回数が17とスイングトレードにしてはトレード数も多いようです。勝率は41.18%と高くはありませんが、損小利大の考え方がロジックの根底にあるのでプロフィットファクター2.0と優れた数値を叩きだしています。

カコテン iMomentum (type DI) AUDJPY パフォーマンスグラフ

カコテン iMomentum (type DI) AUDJPY パフォーマンスグラフ

あまり動きのない相場の時は苦手そうですが、ひとたびトレンドが発生するとその能力をいかんなく発揮してくれるEAだと思います。

無料EAですが、開発者さんは有料EAも販売しているので、MT4のアップデートで使えなくなったときなども迅速に対応してくれるのではないかと思います。

タイムフィルターを使用していないフルタイムで動くEAなので、夏時間、冬時間などのわずらわしい設定は必要ありません。GMTオフセットの設定をミスってドローダウンを喰らったことがある自分にとっては嬉しい使用になっています(^^♪

カコテン iIchimoku AUDJPY | fx-on.com

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク