フォワードテスト絶好調のカコテン iOsMA (type DI) EURAUD

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月末からフォワードテストを継続しているカコテン iOsMA (type DI) EURAUDが好調を維持しています。

基本的にはMACDのOsMAを利用したEAですが、DIによりトレンドの方向性を判断するロジックを加えたことで非常に安定した成績を残しています。

カコテン iOsMA (type DI) EURAUD | fx-on.com
最大ストップロス210pips、テイクプロフィット300pipsですが、クローズロジックがプラスされているのでクローズロジックがプラスされているので簡単にストップロスにかかることはありません。

この辺りのロジックの工夫が低ドローダウンにつながっているのではないかと思います。

EAで運用する通貨に偏りがある人にとってはEURAUDという通貨をトレードするのはポートフォリオ的にはありかもしれません。自分の使っているEAなんてドル円、ユーロドル、豪ドル円くらいなのでそれ以外の通貨ペアでいいEAがあるとついつい欲しくなってしまいしまいます。

MACDもDIもトレンド系の指標なので、レンジ相場には弱そうですが取れる時に大きく取れることを考えればレンジ相場でのドローダウンも気にならないかもしれないですね。

過去10年間のバックテストを見ても比較的綺麗な収益曲線を描いてくれているので、EURAUDを取り巻く環境が激変しない限りさほどひどいドローダウンになることはなないかもしれません。

今非常に興味のあるEAの一つです。

過去10年分をテストしました!安定した運用を求める貴方に。
カコテン iOsMA (type DI) EURAUD | fx-on.com