iPhone 6 で使える USBメモリ ライトニング フラッシュメモリ(8GB、16GB、32GB)

MacやWindowsなどのパソコンが近くにない時にカメラロールからの画像データをやり取りするのに重宝しているのがOneDriveなどのオンラインストレージです。自分がOneDriveでの同期が好きなのですが、他にも様々なサービスがありますね。以下に有名どころを3つほど上げてありますが、これ以外にも写真専用のものがあったり選択肢はかなり多くなっています。

Dropbox

Google ドライブ

OneDrive (旧 SkyDrive)

しかし、旅行に行った時などあまりにも大量の画像データがあると臆病者の私としてはデータ通信量が気になってしまいます。最近はLTEの電話をどこでも掴むことができるのでアッピロードスピード自体に不満はないのですが、データ通信量がw

そんなチキンな私に良い製品がありました^^

インターネット環境がなくてもiPhoneやiPadへのデータの出し入れが可能なUSBメモリ「ライトニング フラッシュメモリ」がそれですね。
Apple社の認定をとっているので互換性の面を考えるととりあえず安心できます。そしてUSBとライトニングのリバーシブル構造がとても魅力的。iPhoneと接続するときにはLightningを使って、パソコンとUSBで接続できるのでこれ一つあればデータの受け渡しに困ることはありません。

特に動画ファイルなどの大きなファイルをライトニングフラッシュメモリ内に取り込んでおけば出先で見ることができるので、ストレージ容量が16GBのユーザーにとっては頼りになる相棒です。これで長旅も安心です。

[youtube id=”Etv_GZpRCr4″]
アドレス帳のバックアップ方法

[youtube id=”bWk0DkAV0qs”]
カメラロールのコピー

[youtube id=”46zuEt8McHE”]
ファイルのロックと解除

[youtube id=”rk7SZHB5RL0″]
新規フォルダ作成方法

ライトニングフラッシュメモリー

ライトニングフラッシュメモリー

仕様

外形寸法:約27.5×9.0×59.0mm
質量:約18.0g
コネクタ:ライトニングコネクター、USB2.0(Aコネクター)
対応OS:iOS 6.**以降 / Windows XP / Windows 7 / Windows 8 / OS X
もしくはそれ以降のバージョン
必要環境:AppStoreより無料アプリ”i-FlashDrive HD”をダウンロード
対応ファイル形式<Document>:TXT, HTML, Keynotes, Nombers, Pages, PDF, PPT, DOC, XLS, RTFなど
対応ファイル形式<Photos>:BMP, TIF, TIFF, JPG, PNG, GIF, XMB, ICO, CURなど
対応ファイル形式<Videos>:●ストリーミング再生が可能なファイル(外付けドライブ保存時):MP4, MPV, M4V, MOV
●ストリーミング再生できないファイル(外付けドライブ保存時)
※アプリ”i-FlashDrive HD”本体に保存した場合、通常通り再生することが可能です。
RM, RMVB, AVI, WMV, FLV, MPG, MKL, TS
対応ファイル形式<Audio>
MP3, CAF, AAC, AIF, WAV, AIFF, M4Aな

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする