EAつくーるで移動平均線3本の傾きが揃ったときにエントリーするパーフェクトオーダーEAを作ってみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Sinka-USDJPYフォワードテスト
Sinka-USDJPY  | gogojungle.co.jp

購入してしまった以上活用しなければ損ということで最近はゴゴジャンで購入したEAつくーるを使って自作EAを作って遊んでいます。いいアイデアが沸いたらすぐにEA化出来てしまうというのがEAつくーるのいい所なのですが、Windowsでしか使えないというのがダメダメですね(^^;)

出先でアイデアが沸いたときや待ち時間などにEAが作成できるようにiPhoneやiPadで使えるiOS版やアンドロイド版をリリースしてくれれば最高なのですが。iPadでEA作れたら最高だと思いませんか。

以前この話をfx-onにしたことがあるのですがなしのつぶてだったので実現に対しての期待は全くしていません(T_T)

他の開発者さんでもいいから作ってくれると嬉しいのですが…

これも期待できそうにないので外出先でEAつくーるを使おうと思ったらSurface proなどのWindowsタブレットを落ち歩くしかないですね。

愚痴から始まってしまいましたが今回もEAつくーるさんのお世話になっているので悪口はこのくらいにしておきましょう(笑)

今回作成したのは3本の移動平均線の傾きを利用したEAで3本の傾きが揃ったときにエントリーするという単純なロジックです。なんかこれと似たEAを前にも作った気がしますが、どこに置いてわからないので新たに作成することにしてみました。新たに作成するといってもEAつくーるを使っているので10分もかかっていませんが(^^;)

短期線:10

中期線:20

長期線:80

この3つの移動平均線の傾きが揃ったときにエントリーします。3本の移動平均線が上向きに揃ったときに買エントリー、下向きに揃った時に売りエントリーする感じですね。

ストップロスは100pips、テイクプロフィットは300pipsで損小利大のEAを目指しています。今回はドル円ではなくトレンドに強いポンド円でバックテストしてみました。

ストラテジテスターリポートが縦に伸びてしまったのは何故でしょう?ちょっと見づらいですね(^^;)

トレンド系のEAなのでドローダウン大きめですが、最適化すればもう少しなんとかなるかもしれませんね。このEAはストップロスとテイクプロフィットで損切と利確をしており、テクニカル分析をベースにしたクローズロジックを搭載していません。ということはまだまだ伸び代があるのではないかと思います。トレイリングストップで追いかけていくのもいい結果を生むのではないでしょうか。

エントリーロジックのベースとして使用するぶんには悪くなさそうなので暇を見て改良していきたいですね。