MT4自動売買でドル円の大きなトレンドを掴もう~無料EA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXで稼ぐためにはトレンドを掴むことが大切

EAのロジックをいろいろと考えているのですが、勝てるEAを作るためのポイントはトレンドをいかに掴むかということにあるのではないかと思います。トレンドを掴むために大きな目で相場を見ることが必要です。小さな価格の動きに囚われていては相場に振り回されてしまうだけなのです。

MT4で自動売買プログラムを作っているとどうしても小さなことにこだわってしまってどうしてもセコいトレードしかしないEAになってしまいます。それはそれでドローダウンが小さくて使いやすいのですが、結構条件を絞ってしまうのでトレード数が少なかったり、相場状況が少しでも変わってしまうと通用しなくなったりしてしまいます。

そこで今回作ったのは小さいことに囚われずにビッグなトレンドを狙っていく男前なロジックを持ったEAです。ドル円の日足チャート用でストップロスはどーんと300pips、テイクプロフィットは1000pipsです。

エントリーロジックに使うテクニカル分析は移動平均線のみです。男らしいですね(笑)

でもこれだけではさすがに厳しいので、クローズロジックでポジションをクローズするようにしてあります。クローズロジックにかからなかった場合は1000pips儲かるというわけですから夢がありますね。

じっと我慢できる人じゃないと絶対無理かも

ちょっと最適化して2000年からのバックテストしてみました。実に17年間のバックテスト期間なのですが、利益の方は1万通貨単位で取引した場合は1万4千ドル程度です。年間800ドルいかないくらいの利益になりますね。でっかく儲けるといった割にはしょぼい結果になってしまいました(^^;)

トレード回数が387回と期間が長いわりに少ないのですが、全然取引しないわけではなくポジションを保有している期間が長いのでエントリーする回数が少なくなっていると考えた方がいいです。

ストップロスが300pips、テイクプロフィットが1000pipsなので含み損または含み益のポジションを常に持っているという非常に忍耐のいるトレードをしてくれるのです。裁量だったらかなり精神的に追い詰められそうですね(^^;)

特に途中で長いドローダウンとなっている期間がありますが、こんな長い間ドローダウンされたらふつうはEAを止めてしまいますよね。

そう考えるとビッグトレンド系のEAというのは儲かる可能性があっても、それを人間が邪魔をする可能性が高いのです。仮にこのEAを2000年から運用していたとしても私だったら途中で止めています(笑)

結局スキャルピングEAやデイトレのEAが人気なのはこういう事なのでしょうね。fx-onのEAを見ても長期で勝っているのはスイング系のEAが多いのですが、ちょっとドローダウンすると使わなくなっちゃう人も多いかもしれないですね。

EAファイルを置いておきますのでダウンロードして遊んでみてください。こういうビッグトレンド系のEAはドル円よりもポンド円の方が向いているかもしれないですね←自分はテストしていない顔