ドル円の下落で露呈したマーチンゲールEAの怖さ

Hornet USDJPY | fx-on.com

先日のドル円の下落は凄かったですね。1日で600pips動くとさぞや儲かるんじゃないかと思うのですが、自作のスキャルピングEAは1トレードのみという期待はずれの展開。加えて大相場の時のスーパーウェポンであるトレンド系のEAはノーポジションということで600pipsの値幅をまったく活かせませんでした(T . T)

こういう相場に強いのはトレンド方向へエントリーするEAで、100pips越えの成績をあげているEAも多かったようです。特にTPを大きくとってトレーリングストップで追いかけていくタイプのEAは本領発揮の相場でした。

一方で、こうした相場に弱いのがナンピンマーチンゲールEAです。

多通貨分散型ナンピンマーチンゲール | fx-on.com

このEAの場合バックテストが5年間なのですが、バックテスト期間中には予期できないくらいの相場だったということでしょう。

ただバックテストの収益曲線のグラフを見ると今回と同様に大きくドローダウンしている時期があります。

20150827A1

ロットを上げてこの危機を凌いでいますが、今回の相場では凌ぎきれずにマイナス決済になってしまったようです。

0.01ロットのトレードで、-9,762.88ドルの損失というのを見るとやはりナンピンマーチンゲールは怖いなあという印象を受けてしまいますね。

続いてこのEAはまだ損失は確定していませんが、含み損をかなり抱えてしまっています。

EA_CraftNanpin01 | fx-on.com

EAの解説ページを見るとナンピン手法の危険性をきちんと説明しているので良心的とも言えます。しかし、この説明書きがあるEAを使用する時は、資金管理をかなりシビアに考えないと一回の荒れ相場で破綻する可能性があるので要注意です。

ストップロスが2000pipsと深いところにあるのでしばらくはかかることはなさそうなのでその間に回復するといいですね。

ナンピンマーチンゲールEAは相場が逆行してもある程度上下しながら動けばうまく切り抜けてくれるのですが、真っ直ぐに落ちてしまうとなす術がありません。

これを回避するうまいロジックってないんですかね?

ある程度落ちたら大きなロットで反対に売買するとか、相関性の低いEAと連携したロジックにするなんかで回避出来ないかな?まあ、そんなんで回避出来たら誰かがとっくの昔にEA化してますよね(^_^;)

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク