ももクロの新メンバーに 3B junior の栗本柚希、奥澤村の愛来、中村優を推す声も

非常に残念なことなのですが、ももいろクローバーZの有安杏果さんがももいろクロバーZを卒業することが発表されました。

有安杏果さんは1995~2008年は、子どもタレント、ダンサーとしての活躍しており、フジテレビ「ポンキッキーズ21」にシスターラビッツとしてレギュラー出演していました。ももいろクロバーZに加入したのは一番最後でしたが、芸歴に関しては誰よりも長く、物心がつく前から芸能界にいたわけです。

有安さんの卒業する理由というのが「普通の女の子の生活を送りたいという想(おも)いが強くなった」ということですが、赤ちゃんの頃からずっと芸能人だった彼女から発せられると何も言えなくなりますね。

大学に進学したことで浮世離れした自分に気づかされたのかもしれません。

最近ではドラムを叩いたり、ソロコンサートを開催するなど活躍の場が広がりそうだっただけに非常に残念ですね。

実は以前にももいろクロバーZ主演の映画幕が上がるを見たことがあったのですが、有安さんと百田夏菜子さんが駅が離すシーンがとても印象に残っています。実は女優としての才能も持っていたのではないかと思うと非常に残念です。

本日、有安杏果さんのラストライブ『ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~』が幕張メッセで開催されます。有安杏果さんの最後のパフォーマンスに注目したいですね。

実はこの模様はももクロのファンだけでなく、一般の人もAbemaTVで見ることが出来るようです。

ももいろクローバーZ 2018 OPENING ~新しい青空へ~ 緊急独占生中継

放送時間は16:45 〜 20:30なのでおそらくノーカットで見ることが出来るのではないかと思います。おそらくアクセスが殺到すると思いますのでAbemaTVの回線には頑張ってもらいたいところです(笑)

有安杏果さんの卒業によって、今後ももいろクローバーZは4人で活動することになります。有安さんの穴を埋めるべく残ったメンバーは気合が入っていると思います。

ももクロ、有安杏果の卒業ライブに向けた5人の心境(ナタリー)

有安さんはももクロの中でも歌唱力が高く、難しいパートを歌っていたようなので、彼女の抜けた穴を4人で埋めていくというのは並大抵の努力ではできないと思います。ももクロは歌いながら踊るのですが、ダンスが激しい中でさらに一人分のパートを割り振るとなるとメンバーの負担は相当なものになるでしょう。

それでも彼女たちは自分たちで何とかしようとするはずですし、実際何とかしてしまうでしょう。しかし、そんなことを続けていたら必ずどこかに歪が出てくるはずです。

一番怖いのがケガです。彼女たちのパフォーマンスは非常に激しいので、疲労が蓄積した中でライブを続けた場合にはケガにつながる恐れがあります。ちょっとした痛みでは弱音を吐いてくれればいいのですが、彼女たちの今までの姿勢を見ていたらそれは望むべくもありません。

一人がケガで離脱したら、他のメンバーがそれをカバーしようとするでしょう。こうした負の連鎖が一番怖いのではないかと思います。こうした事態を一番心配しているのがスターダストプロモーションなのかもしれません。

多くのももクロファンは4人のももクロが見たいはずです。そして4人はそれに応えたいと思っているはずです。

ファンと彼女たちの間には今まで築き上げてきたたくさんの歴史があります。自分もももクロのファンだったら出来れば新メンバーは入れてほしくないと思うでしょうね。

しかし、それ以上に彼女たちに負担をかけるのは…という想いもどこかにあります。

ライブでの負担を減らすために局数を減らす、負担の少ないダンスにするなどの対応は仕方がないところなのでしょうね。

もしかしたらライブなどを減らしていき、バラエティ番組やドラマなどのテレビの仕事を増やす方向に舵をきるかもしれません。今までテレビももクロを見たことがほとんどなかったのですが(-_-;)

もし今後も今までと同じようにライブパフォーマンスを売りにするつもりなら、サポートメンバーあるいは新メンバーの加入などという話が出てくる可能性もあります。

川上さん(マネージャー?)は4人でいくという話をしていたようなので当面は4人でいくと思いますが、あまりにもメンバーへの負担が大きいようだと新たなカードを切ってくる可能性もゼロではありません。

そうした場合の新メンバーの候補になるのはいったい誰なのでしょうか?

SNSを検索してみるとやはり妹分の3B juniorから選出するという意見が結構ありました。1月に私立恵比寿中学を転校した廣田あいか(ぁぃぁぃ)さんや恵比寿中学の下部組織である桜えび~ずから水春さんをという声もありました。

組織的に考えるとももクロの妹分である3Bjuniorからの加入の可能性が高そうなのですが、なにしろ3Bjuniorはメンバー数が多い(笑)

この中から誰を選ぶのかというと非常に難しいお話になります。

自分が検索した中で名前が多く挙げられていたのが栗本柚季、愛来、中村優の3人です。

栗本柚季さんは先日にAKB紅白のトリで紅組キャプテンの横山由依「Chandelier」を熱唱し、AKBファンからも絶賛の声が上がっていました。

愛来さんは3Bjuniorの絶対的センターでルックス、歌唱とも高いレベルを持っているようです。しかもマッスルミュージカル「オズの魔法使い」の出演も決まっている3Bjunior一押しの人材です。

中村優さんは先日世界ふしぎ発見!に出演した勉強大好き、成績優秀な才女です。ガリ勉娘にもかかわらず、心には熱いものを秘めており見た目以上に情熱的な面も持っています。

現在注目されているのはこの3人ですが、3B juniorには才能が開花していないまま埋もれている子がたくさいんいそうですね。

問題は栗本柚木さんはリーフシトロン、愛来さんと中村優さんは奥澤村というグループに所属しているということですね。もしこの3人の中から誰かが引き抜かれたとしたら残されたメンバーやファンの悲しみは相当なものでしょう。

この問題を解決しない限り3B juniorからももクロへの新加入させることは、多くの反発を呼ぶことになると思います。受け入れる方と送り出す方が納得できる方法は難しいかもしれませんが、川上さんなら何か仕掛けてくるかもしれませんね。

AbemaTVで4人でパフォーマンスさせた狙いは4人での新たな出発をアピールすることだと思いますが、4人のももクロに対しての反応も見たかったのではないかという気もします。

2018年5月23日の東京ドーム公演が発表されましたが、この公演が終わった後に何か仕掛けてくる可能性は高いのではないでしょうか。