MQL5コミュニティでMT4とMT5で使える取引シグナルを入手しよう

MT5への移行は遠い先?

MT4、MT5はメタクォーツ社という会社が開発したトレーディングプラットフォームで、MT4、MT5を採用しているブローカーで利用することができます。以前ほど人気のプラットフォームというわけではなくなってしまいましたが、システムトレード派のトレーダーにはまだまだ人気のあるプラットフォームの一つといってもいいでしょう。

メタクォーツ社は開発の古いMT4から最新バージョンのMT5への移行を順次すすめていきたいようですが、MT4の根強い人気のためなかなか思うようには事が運んでいってくれないようです。

MT4で利用したEAやインジケーターがMT5に移行すると使えなくなってしまうという利用者の事を軽視したバージョンアップなので仕方ないといえば仕方のないことなのかもしれません。MT3からMT4に移行した時も互換性の問題は抱えていたのですがここまで移行に時間がかかることはありませんでした。それだけMT4のEAやインジケーターが数多く出回ったということなのでしょう。

この状況を打破するにはMT5用の優秀なインジケーターやEAの普及を待つしかないと思うのですが、EA販売サイトなどを巡っていても見つけることはかなり困難です。国内大手のEA販売サイトであるfx-onやテラスのEAを見渡してみてもMT4用ばかりでMT5は全く相手にされていません。

MT5のカテゴリすらない状況では開発者も気力も湧かないでしょうね。この状況は国内ブローカーがMT5を採用するまでは続きそうな気がします。もし、国内ブローカーがMT5を採用する日がきたらMT5EAも盛り上がってくるかもしれませんね。

MQLコミュニティにはMT5のEAがいっぱい

メタクォーツ社もEAやインジケーターの普及をEA販売サイトに任せているだけではありません。自前でコミュニティを作成し、MQL5の学習や情報交換のための場を提供しています。このコミュニティを訪れて見るとMT5のEAやインジケーターに力を入れていることがわかります。

あれだけ探しても見当たらなかったMT5のEAがここでは簡単に見つかります。もっともフォワードテストなどは公開されていないので、入手してから自分で検証するしかないのでFX初心者の人にとってはかなりハードルが高いと思います。

そんな初心者の人にとってオススメなのがMQL取引シグナルです。これは自分でMT5にEAをインストールして動かすわけではなく、シグナルプロバイダからシグナルを受け取って自動売買させようというものです。ミラートレードのようなものですね。

このシグナルサービスの優れているところはMT4・MT5の中に既に組み込まれているということでしょう。MT4・MT5の中で完結するので余計なものを用意する必要はありません。自前のEAとの共存も可能な点にも注目したいですね。

MT4やMT5に慣れている人はEAを購入することも可能なのですが、購入してからインストールされるまでの流れもクラウドで処理されるので面倒がありません。フォワードテストの公開はありませんが、無料のデモバージョンで使用できるEAもあるので安心です。

MT5はマルチコアに対応しているので最適化のスピードは非常に早くMT4の比ではありません。パラメータを定期的に見直す作業をしている人にはオススメのプラットフォームなのですが、国内では使っている人がほとんどいないのが残念ですね。

最近XMがMT5でのビットコイントレードを開始したようなのでそろそろ普及してくるかもしれないですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする