トレイリングストップを利用したMT4のEA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

決済ロジックのアイデアが沸かない時はトレイリングストップで誤魔化す

MT4やMT5のEAを作っているとエントリー条件のアイデアはポンポン湧いてくるのにクローズする条件を考えてもなかなかいいアイデアが湧いてこないということありませんか。そんな時はエントリーと逆条件で決済して様子を見るのですが、たいていの場合はあまりいい結果が出てくれません。FXって難しい…

テイクプロフィットとストップロスは最低限設定するとして、他にも何かクローズする条件を加えたいと思った時の手段として有効なのがトレイリングストップです。トレイリングストップを積極的に使って良い成績を残しているEAもあるので、トレンドが発生しやすい通貨ペアの場合だと機能してくれるのではないかと期待が持てます。

ブレイクアウト系の戦略は利益目標を定めるのが難しいのですが、こうした戦略とトレイリングストップの相性はいいのではないかと思います。偽のブレイクアウトに引っかかった時の被害も多少は抑えらるし、大きなトレンドが発生した場合はとことん付いていってくれます。

もしかしてロクでもないエントリーロジックでもなんとかしてくれるんじゃないか、そんな妄想すら抱かせてくれるのがトレイリングストップなのです。←マジかw

ロクでもないエントリーロジックとトレイリングストップを組み合わせる

ます最初にロクでもないエントリーロジックを考えてみました。移動平均線のクロスとかオシレーターの買われすぎ、売られすぎだとか、ADXなんかは普通のロジックになってしまうので使いません。

今回使うのはロウソク足のみでインジケーター類は一切使わないことにしました。ロウソク足と言っても酒田五法などの複数の足の組み合わせからなるいわゆるロウソク足パターンは使用せず、一本のロウソク足のみで勝負します(笑)

買いエントリー

1本前のロウソク足が陽線

売りエントリー

1本前のロウソク足が陰線

実はロウソク足の陰線・陽線をエントリーロジックに使うのは初めてではないのですが、日足あたりで使うと結構ハマるんですよね。でも今回は日足じゃなくて1時間足で使うからあまりハマらないと思います^^;

これにトレイリングストップ、ストップロス、テイクプロフィットを加えて完成です。

最適化してバックテスト

完成したEAを最適化してバックテストしてみました。

最適化してこの結果なので、リアル運用に耐えられる代物ではないのですが、適当なロジックでエントリーしてもトレイリングストップがある程度まではカバーしてくれるという淡い期待感は持てそう。

気が向いたらきちんとしたエントリーロジックでトレイリングストップ付きのEAを作ってみることにします。きちんとしたエントリーロジックを考えるのが大変なのですが(-_-;)