XMやTradeviewのMT5(メタトレーダー5)でバックテストが終了しても勝手にチャートが開かないようにしたい

Tradeview Forexのヒストリカルデータに不満を覚えたので、XMのMT5をダウンロードしてインストールしてみました。XMの場合はTradeviewよりはヒストリカルデータが揃っているようで、ドル円で3年くらいのバックテストをしてみるとヒストリー品質99%になってくれるのでTradeviewよりはかなり信頼できます。

Tradeviewで同じ期間のバックテストをした場合は、ヒストリー品質がわずか3%にとどまることを考えるとその差は歴然です。バックテスト結果もかなり違いがあるので、Tradeviewのヒストリカルデータが充実するまではXMの方でMT5のEAの開発を進めた方が良さそうですね。

ここ数日で何度もバックテストを繰り返してきたわけですが、MT5ではバックテスト終了後に勝手にチャートが開いてしまうという仕様になっているようですね。勝手にというと語弊があるので自動でチャートが開いてしまうと言いなおしておきましょうか(笑)

一見便利な機能なのですが、何回も連続してバックテストをしているといつの間にかチャートが何十枚も開かれていることがあります。バックテストが終わるごとにチャートをチェックして閉じればいいのでしょうが、面倒くさいのでついそのままにしてしまいます(^^;)

あとで一気に閉じるのですが、いちいちこれをやっているのは非常に面倒くさい作業です。

なんとかならないものか…

これがなんとかなるんです。

ストラテジテスターの「結果」タブを開き右クリックしてみましょう。

「常にチャートを開く」という項目をクリックしてチェックを外せばもうチャートが自動的に開いてしまうことはありません。手動で開きたいときはその下にある「チャートを開く」をクリックすればOKです。

ただし、MT5を再起動してしまうとこの設定は解除されてしまうようです(^_^;)

毎回バックテストをするたびにこの操作をしなくてはいけないのは、いささか面倒臭いので何かいい方法はないのでしょうかね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする