MT5はバイナリーオプション利用者に人気?

XMやTradeview ForexがMT5を採用したこともあって、MT4からの移行は難しいと考えていたMT5への興味が急上昇しています。

そもそもMT5の何がいけなかったかと言えば、MT4で使用していたEAやインジケーターが使えなくなってしまったこととポジションの操作が最も大きな要因だと思うのです。もし、MT5が登場してすぐにこの2点の問題が解消していたら、今頃はMT4よりもMT5のシェアの方が高くなっていたことでしょう。

実際は現在でもEAとインジケーターの問題は解決していないので、ブローカーが増えたからと言って、MT5に乗り換えるトレーダーが一気に増えることはなさそうですね。

MT5のことを調べていると、EAでの自動売買に使っている人はほとんどいないことに気付かされます。まあ、fx-onにいってもあるのはMT4のEAだけなので当然と言えば当然です。金融庁のお墨付きをもらったMT5ブローカーはまだないので、fx-onとしてもMT5のEAを大々的に取り扱うということは出来ないのでしょうね。

しかし、一部のトレーダーの間ではMT5の人気が密かに上昇してきているようです。しかしそれはトレーディングプラットフォームとしてというわけではなく、無料で使えるチャートソフトとして注目されているということなので、MT4が登場したころの状況に似ていますね。

MT5ではチャート機能がMT4よりも充実しています。MT4との違いを特に実感させられるのがチャートの時間足の充実度。MT4では9種類だったチャート時間足がMT5ではなんと21種類の増えているのです。

他のブローカーのチャートソフトで10分足を使っていたひとはMT4を使い始めた時に10分足がないことに驚くようですが、MT5ではもうその心配はありません。

MT5で使用できる時間足の種類は以下のとおりになります。

M1,M2,M3,M4,M5,M6,M10,M12,M15,M20,M30,H1,H2,H3,H4,H6,H8,H12,D1,W1,MN

これだけあればたいていの用途で困ることはないはずです。

MT4に輪をかけて高機能なチャート機能を有するMT5は、バイナリーオプションをトレードしている人たちの心にフックしたようです。分析ツールとして使用する分にはインジケーターだけ用意すればいいし、有料のものを購入しなくてもMT4よりも多くの標準インジケーターが用意されています。

こうした事情もあってMT5のことを検索しているとバイナリーオプションのサイトに辿り着くことが多く、今までとは違った需要が発掘されていることに気づかされます。

バイナリーオプションもFX同様に国内では規制が厳しくなったので、海外のBO業者でトレードしている人が増えてきているんでしょうかね。バイナリーオプション界隈については全く疎いのでさっぱりわかりません(笑)

海外バイナリーだと判定時間まで短いから、2分足とか3分足なんかを使うんですかね??

MT5用のシグナルインジケーターでも作ってバイナリーオプションに参入しようかな。熱くなってすぐに破産しそうだけど(^^;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする