トレード用のノートパソコンの熱対策

Hornet USDJPY | fx-on.com

暑い季節はノートパソコンにキビシイ季節です。夏だけではなく、冬でも暖房のよく効いた部屋でMT4を使用している最中に熱暴走を起こすという話はたまに聞きますし、私も数回経験しています。

もちろん通常の値動きの時は問題はないのですが、米雇用統計などの値動きが激しい時にCPUに負荷のかかるインディケーターやEAを使用していると冷却用のファンがうなりはじめたりします。

熱暴走とはCPUなどの半導体部品が、みずから出す熱が原因で暴走することです。暴走すると言っても突然走りだすわけではなくPCが熱の影響でいろいろな誤作動を起こすことをいいます。

誤作動の例としてよく聞くのはディスプレーが黒くなる、勝手に再起動する 電源が落ちる、、エラーを頻繁に起こすなどです。このような症状が出たとき、冷却ファンがすごい勢いで回っているにもかかわらずPCの上面がアチチの場合には熱暴走の可能性があります。

熱暴走の対策としてはとりあえず冷やしてみることが有効です。

USB扇風機をつける

冷却板をつける

冷却ゲルをつける

冷却パッドをつける

冷却ファンの周囲を清掃する

などがお手軽な方法だと思います。

冷却ゲル、冷却パッドは試したことがないので効果の程は定かではありません^^;

エレコムのサイトにいくと様々な冷却用品が販売されています。

http://www2.elecom.co.jp/accessory/cooling-sheet/

私の場合はUSB扇風機を取り付けていますが十分に効果を感じています。家電量販店にいけば1000円以下で入手出来るので発生している熱がさほど高熱ではない場合はオススメです。自分のノートパソコンはキーボードの付近から熱を排出する構造になっているらしく、その付近に風を当てるとすぐに温度が下がります。

ノートPCの裏側に文庫本などを置いてお尻を持ち上げてあげるのもお手軽だと思います。ノートPCとデスクとの間に空間が出来て空気の流れがよくなります。

ちょっと面倒ですが冷却ファンの通風口を掃除してあげるのも効果があるかもしれません。古いPCの場合ホコリがかなり溜まっていることも多いようです。冷却ファンのお掃除までやれば完璧なのでしょうがメーカー保証が受けれれなるのでやめておいた方が無難かもしれません。

CPUが熱くなるということはそれだけ負荷がかかる作業をPCにさせているということなのでその辺りを見直してみることも必要になってきます。MT4ではティックごとに計算させるので重いインディケーターやEAなどを使っている時に、レートの動きが激しくなるとかなり負担がかかります。

必要のないチャートは閉じたり、チャート表示バーを減らしたりといった手間を惜しまない方がいいでしょう。また、極端に値動きが激しくなると思われる重要指標の発表前後はトレードしないということも有効です。ポジションを持った瞬間にパソコンが落ちてしまったらシャレになりませんから^^;

上記の対策を講じても熱暴走が頻繁に起きるような場合は迷わずメーカーに相談した方がいいかもしれません。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク