オブジェクトツールバー

Hornet USDJPY | fx-on.com

オブジェクトツールバー

チャート上に配置する「ライン」とグラフィカルオブジェクト(幾何学的図形、サイン、テキスト)は「オブジェクト」ツールバーにまとめられています。「十字」と「カーソル」を除く全てのコマンドは「挿入」メニューと重複します。オブジェクトの操作に関する詳細は「オブジェクト」セクションをご覧下さい。このツールバーの他のアイコンはグラフィカルオブジェクトで作業するために、またカーソル操作モードを変更するために使われます。

◾Ellipse : 楕円を挿入します。この図形でチャートの種々の領域を選択することができます。オブジェクト操作に関する詳細は 「グラフィカルオブジェクト」セクションをご覧下さい。
「挿入⇒図形⇒楕円」でもこの図形を挿入することが出来ます。
◾Triangle : 三角形を挿入します。この図形でチャートの種々の領域を選択することができます。オブジェクト操作に関する詳細は「グラフィカルオブジェクト」セクションをご覧下さい。
「挿入⇒図形⇒三角形」でもこの図形を挿入することが出来ます。
◾Rectangle : 長方形を挿入します。この図形でチャートの種々の領域を選択することができます。オブジェクト操作に関する詳細は 「グラフィカルオブジェクト」セクションをご覧下さい。
「挿入⇒図形⇒長方形」でもこの図形を挿入することが出来ます。
◾Text Label : テキストラベルを追加します。このボタンをクリックし、ラベルを配置するチャート内のポイントを選択します。下記のテキストとは異なり、テキストラベルはチャートではなくチャート画面に貼り付けられます。チャートをスクロールしてもテキストラベルは動きません。「挿入⇒テキストラベル」でもチャートにコメントを加えることが出来ます。
◾Text : チャートにテキスト(コメント)を追加します。テキストはチャートに直接固定されます。チャートをスクロールすると、テキストも一緒に移動します。
「挿入⇒テキスト」でもチャートにテキスト(コメント)を加えることが出来ます。
◾Symbols : 矢印の設定をします。このメニューでチャートに図形チャートサインを追加したり、配置されたサインを削除することができます。
「挿入⇒矢印」でもチャートにこれらの図形を配置できます。
◾Crosshair : 十字カーソルが十字モードのとき、チャート画面や分析ツール画面で選択した位置の座標をハイライトすることができます。この機能はアクティブな画面でのみ使用できます。「十字」モードのとき、マウスの左側を押しながらカーソルを動かすと、2つのポイントをつなげる線が表示されます。これらのポイント間の長さと現在の価格が、この線の2番目のポイントの右側に表示されます。[2ポイント間のバーの合計] / [2ポイント間のポイントの合計] / [2番目のポイントの現在価格]のように表示されます。この機能は電子定規と言います。 カーソルを十字モードに切り替えるにはCtrl+Fホットキー、マウスの3番目のボタンでも同じ操作が可能です。
◾Cursor : 標準カーソル(選択モード)です。このモードのカーソルでチャートの種々のオブジェクトを選択できます。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク