オブジェクト

Hornet USDJPY | fx-on.com

オブジェクトの設定タブ

このタブには図形オブジェクトに関する設定がまとめられています。図形オブジェクトとは 「オブジェクト」ツールバー及び又、「挿入」メニューに表示されている「オブジェクト」です。テクニカル分析ツール(カスタム分析も含め)、ライン、図形、テキスト、アイコンから構成されます。このタブ内のパラメータは図形オブジェクトを用いた操作のためのもので、ターミナルオペレーションに深刻な影響をもたらすことはありません。

◾作成後にプロパティを表示する
全ての図形オブジェクトにはプロパティがあります。例えば、トレンドラインの太さと色、罫線分析ツールシグナルラインの長さなどです。通常トレーダーは全ての図形オブジェクトに関し標準設定を使用しますが、場合によっては個々に設定を行なう必要もあります。「作成後にプロパティを表示する」オプションは、オブジェクトが取り込まれた直後に設定の変更ができるようにします。このオプションはチャート上に個別設定がされているオブジェクトが多いときに役立ちます。
◾作成後にオブジェクトを選択にする
罫線分析ツールとは異なり、ライン、テキスト、アイコン、図形などのオブジェクトは手動でチャート上に表示されます。トレンドラインを正確な位置に置き換えるなど、オブジェクトを作成後に動かす必要が生じることがあります。それを行うためには、まずオブジェクトを選択します。「作成後にオブジェクトを選択にする」オプションは、チャートにオブジェクトが取り込まれた直後に選択できます。
◾シングルクリックでオブジェクトを選択にする
ターミナル内の図形オブジェクトは左シングルクリックまたは左ダブルクリックで選択できます。このオプションはオブジェクトの選択方法の切り替えをします。有効になっているときは、シングルクリックでオブジェクトを選択し、ダブルクリックでプロパティウィンドウを表示します。 無効になっているときは、ダブルクリックでオブジェクトを選択します。
◾マウス感度
ターミナル内ではオブジェクトを別のバーの価格の正確な位置に置き換えるために位置付けることができます。「マウス感度」欄ではピクセル単位で精度を設定できます。例えば、10という値を入力すると、最も近いバー価格(四本値)から半径10ピクセル以内にオブジェクトがあれば、オブジェクトは自動的にそのバーに位置付けられます。このオプションを無効にするには0値を入力する必要があります。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク