売られ過ぎ、買われ過ぎ(Over Sold ,Over Bought)

Hornet USDJPY | fx-on.com

テクニカル分析によるトレード「買われ過ぎ、売られ過ぎ」Over Sold 、 Over Bought

みんながショートのポジションを持っている。このままでは流れに乗り遅れてしまう。!MT4のチャート見て思い切りショートエントリーした直後に、相場はロング方向にどんどん進んで、ブローカーに預けた口座の資金はどんどん減って損失をふくらますことがあります。自分の思った方向とはまったく逆に流れていく、簡単に言うと高値でかって、底値で売る、というヘボトレードで私も何回も繰り返しましたし、今も引っかかっています。プロのトレーダーはすでに相場から脱出しているのに素人はチャートに出てきた様子を見て入って失敗してしまう。

こうした乗り遅れによる損失は、買われすぎ、売られすぎの状態を把握しておけば回避できる可能性が高く、その点についてストックマーケットやコモディティの投資プロが外国為替についてもテクニカルで事前に読みとれることを教えてくれました。

簡単に要約すると、日足のチャートをつかいRSI、CCI、BBなどをうまく総合して見ていくと、売られすぎ(Over Sold)買われすぎ(Over Bought)の様相が見えてくるようです。長年の勘が働き危機一髪を避ける、という技を身につけたいものですね。

ちなみに反転していくことをリトレイスメントといいます。チャートの進む方向はどうやら3方向しかなく、上に進むか、下に進むか、真横に進むか、でたとえば上に進んでいても途中で息きつきということでエネルギーをためるかのように反転していくことがあります。大きな反転だと100PIPSほどあっという間に動いてしまい、ストップロスを飲み込んでしまいます。もっと大きなチャートから考えると総合で500PIPSの反転、リトレイスメントもあるわけです。大きなトレンドと、その中で動いている小さなトレンド(embedded trend)の動きをも見つめながら・・・・。注意すべきことはたくさんありますね!

トレードのエクスキューションボタンを押した瞬間からトレードが始まるような気がしますが、実はボタンを押す前が勝負のようです。

When a currency becomes extremely overbought or oversold, even though the current trend is strongly in one direction, it tends to bounce aggressively in the other direction for at least a day — and often longer.

Typically a stock or currency becomes OB or OS a while after it crashes through resistance or support.
There are a few technical indicators that have been very good at identifying OB or OS in stocks and,
based on my review of currency charts, they also tend to work very well in forex.

I’ve attached a copy of the EURCAD daily chart that shows just how oversold it was late yesterday/early this morning.
It met all the conditions for oversold that have served me well in the stock market, and after looking at a multitude of currency charts, I believe they’re likely to be useful in forex:

1)Price penetrated below the lower 50 DMA 2.5 SD Bollinger Band
(Indicating price was >2.5 standard deviations away from the 50 day moving average).
2)RSI (an oscillator) was below 30, also a level usually only seen at extremely oversold situations.
3) CCI (another important oscillator) was around -200, again indicating an extremely oversold level.

When a stock or currency is extremely overbought, there is a penetration of the upper BB, RSI >70 and CCI >200.

When all of these indicators are in alignment as they were this morning, the probability of a countertrend move in the near future is extremely high – not certainty but I would never bet against it. Note on the chart that there were two other days where OB OS conditions were reached – mid and late September. The first case brought a 120 pip countertrend bounce on the next day, the second brought a multi day 550 pip bounce. As I write this, the countertrend bounce from this morning’s low is about 150 pips.

I would not short an extremely oversold currency until the oversold condition had a chance to resolve itself (nor would I go long an overbought one).

通貨がとても買いすぎられるか、売れすぎるとき、たとえ現在の傾向が強く1つの方向にあるとしても、それは少なくとも1日の間他の方向で攻撃的にはねる傾向があります-そして、しばしばより長いです。
一般的に、株または通貨は、それの後の間が抵抗または支持を通して破壊するOBまたはOSになります。
OBを確認することが非常に上手だった2、3の技術的な指標またはOSが株です、そして、
通貨チャートの私のチェックに基づいて、彼らも非常によく外国為替で働く傾向があります。
私は、ちょっとそれが昨日の/早い今朝遅くどれくらい売れすぎたかについて示すEURCAD毎日のチャートのコピーを付けました。
それは株式市場でよく私に貢献したすべての条件を売れすぎるもののために満たしました、そして、通貨チャートの多数を見た後に、私は彼らが外国為替に役立ちそうであると思っています:
1) 価格は、下部の50のDMA 2.5 SDボリンジャー・バンドの下で透過されます
(価格が50日の移動平均から離れた2.5の標準偏差であったことを示す)。
2) RSI(発振器)は、30より劣っていました(また、通常とても売れすぎる状況で見られるだけのレベル)。
3) CCI(もう一つの重要な発振器)はおよそ-200でした。そして、再びとても売れすぎるレベルを示しました。
株または通貨がとても買いすぎられるとき、上のBB、RSI 70とCCI 200の侵入があります。
彼らが今朝であったのでこれらの指標の全てが配列にあるとき、反対の傾向の動きの可能性は近い将来、とても高いです – 確実性でなく私は、それの反対に決して賭けません。 OB OS状況に達した2つの他の日があったチャートに関する注 – 半ばの、そして、9月下旬。 最初のケースがその翌日に120の種反対の傾向はね上がりをもたらされて、第2は複数550日目に種はね上がりをもたらしました。 私がこれを書いて、今朝のものからの反対の傾向はね上がりは低くおよそ150粒の種です。
売れすぎる状態にはそれ自体(そして、私は長く買いすぎられたものを行きません)を分解する機会があるまで、私はとても売れすぎる通貨を短絡させません。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク