Windows10 と El Capitanでに対応した Parallels Desktop 11 for Mac これで Mac で MT4 が安心して使える


FOREX.com 口座開設

満を持して登場した「Parallels Desktop 11 for Mac」はWindows 10 およびOSX El Capitan に対応しています。

El Capitan上でWindow10を走らせるという最新の組み合わせを実現することが出来るようになったんですね。

Windows10が実行できるようになったのはもちろんParallels Desktop 11では、全バージョンよりも大幅にパフォーマンスアップしています。

気になるWindows の起動とシャットダウンのスピードですが、Windows 8.1 および Windows 10 では最大で50%も向上しています。

仮想マシンを中断するまでの時間も最大で 20% も速くなっています。Windows タスクの多くが最大 で 25% も速くなっています。

またMacBookProやMacbookAir、新しいMacBookなどのノートパソコンで気になるバッテリー持続時間ですが、なんと最大 15% 長くなっています。さらにバッテリー駆動時間を延長する「トラベルモード」により、パワーを消費するWindows Updateなどを抑制することでバッテリー持続時間が最大25%延長するようになります。この機能は電源に接続すると自動で解除されます。

Windows 10 に新たに搭載されたMicrosoft の対話型仮想アシスタントである Cortana をWindows10をメインで使っていないときでも使用することが出来ます。Macを操作しながら声だけでWindows10を操作できるなんて夢のような話ですね。

いまだにMac用のSiriが登場していないため、Mac上でパーソナルアシスタントを使いたい時はCortanaを呼び出すしかありません。拡張音声入力を使用して強引に音声コマンドを使ってもいいのですが、簡単なほうがいいですよね。

Windows10ではMT4が動きますので、今回のParallels DesktopのバージョンアップによりMac上のWindows10でMT4を使う環境が整ったといえます。

パフォーマンスの向上と相まってよりいっそうMT4の出番が増えてきそうな予感がします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする