移動平均線のパーフェクトオーダーでエントリー、パーフェクトオーダーが崩れたときにクローズするMT4 EA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXにはいろいろな手法がある

MT4を使っているとついテクニカル分析に走りたくなるのですが、FX相場を動かす原動力はやはりファンダメンタルズなのではないかということはうすうす気付いてまいりました(笑)

外国為替証拠金取引を始めてからずいぶん経つのに気付くのが遅すぎました…

とはいえファンダメンタルの結果がチャートに表れているのだと考えるとチャートだけ見とけばいいんじゃないかという気もしないではありません。じゃあお前はこれからどうするんだ?と言われたらきっとこれからもチャートしか見ないのでしょうね(-_-;)

というわけでテクニカル分析ベースの手法を日々考えているわけなのですが、自分一人ではさすがにそんなに多くのアイデアが沸いてくるわけもありません。そンな時は先人たちのアイデアをちょいと拝借した方が時短になるし、脳にも優しいわけなのです。

最近気になっているのはパーフェクトオーダーという期間の異なる3本の移動平均線を使ったトレード手法です。なんかパーフェクトヒューマンに似た語感で儲かりそうな匂いがプンプンしてきますね!

まあパーフェクトヒューマンじゃない人は移動平均線のパーフェクトオーダーに頼った方がよさそうですけどね。

3本の移動平均線を使ったパーフェクトオーダー

パーフェクトオーダーにも様々な手法があるのでしょうが、今回は移動平均線3本のEAを作成してみたいと思います。

用意するのは短期、中期、長期の移動平均線です。この移動平均線が画像のようにきれいに揃ったときがエントリーのタイミングになります。

イグジットはパーフェクトオーダーが崩れたときですね。

お約束のストップロスとテイクプロフィットも装備済みですw

問題は移動平均線の期間をどうするのかということでしょうか。

ひとまず自分のよく使う期間でセットアップしてみました。

短期線:20

中期線:50

長期線:120

さっそくバックテスト開始です!

思ったよりいい結果でびっくり!予想ではレンジで相場でメチャクチャやられてしまって右肩下がりになると思っていたのですが、とりあえずはマイナスにはなっていません(笑)

まあ実運用する気にはとうていなれませんが(-_-;)

最適化してお茶を濁す

バックテストがあのような結果になったのはパーフェクトオーダーに責任があるわけではなく、私のパラメーター設定が適当過ぎたのです、たぶん。

というわけで禁断の最適化をやってみましょうw

ところどころ大きなドローダウンがあるもののいちおう右肩上がりのものが出来ました。たぶん移動平均線のパーフェクトオーダー単体ではここら辺りが限界なのかもしれませんね。ただトレンドフィルターとしての可能性は十分に感じられたので、パーフェクトオーダーの一部ロジックを使ったEAを作成してみたいですね。

MACDやストキャスティクスなどでも期間を数種類用意してパーフェクトオーダーを狙ったEAで検証しても面白いかもしれないですね。これからも既存の使い方にとらわれずに自由な発想を持ってヘンテコなEAを作り続けていきたいと思います。

フォローする

関連記事