高頻度スキャルパーはポジポジ病の特効薬!ポンドドル15分足でスキャルピングを繰り返す「Pips_miner_EA」

MT4で自動売買をしているとトレードの状況が気になりすぎて、出先でもついついスマホアプリでポジションをチェックしたくなりますよね。そんなときにノーポジだとなんだか物足りない気分になりがちな人はポジポジ病の一歩手前なのかもしれません。

私がFXで自動売買をしている目的は資産を増やすことなのですが、そんなことも忘れてしまうくらいポジションを持つということは刺激的で快感を与えてくれる作用があるようです^^;

トレードでは常に勝つことは難しいことは頭ではわかってはいるのですが(笑)

そんなポジポジ病を患っている人にはやはりスキャルピングEAがオススメなのではないでしょうか。

というわけで今回紹介するのは「Pips_miner_EA」という多頻度トレードを売りににしているスキャルピングEAです。

どんなトレードをするのかということはストップロスとテイクプロフィットの設定を見るとだいたい予想が付きそうです。

最大ストップロス:80pips

テイクプロフィット:8pips

典型的なコツコツドカーン型のスキャルピングEAですね。

ストップロスを深めにすることでストップアウトを防ぐとともに、テイクプロフィットを浅めにして確実に勝つという狙いを持っているのだと思います。

このようなスキャルピングEAの特徴として勝率の高さが挙げられると思いますが、Pips_miner_EAの勝率はどのくらいなのかちょっとチェックしてみましょう。

まずはバックテストの勝率です。

84.59%(8134勝1482敗)

80%超えの高勝率を叩き出しています。

そしてフォワードテストでの勝率は91.96% (112勝9敗)とバックテストでの勝率5%以上も上回っています。もっとも2018年4月からフォワードテストをスタートしてまだ2ヶ月歯科経過していないのでたまたまこの期間の相場がこのEAと相性が良かっただけかもしれません。

 

 

もう少しフォワードテスト結果を見てから判断したほうがいいかもしれませんね。

このEAのトレード回数が多い理由の一つとして最大保有ポジション数が最大で3であることが挙げられると思います。そのため3つのポジションすべてが逆行した場合には200pips以上の含み損を抱えてしまう可能性もあります。

このEAを安心して使うためには最大ポジション数を考慮した資金管理をする必要があるでしょう。最大ポジション数はEAのパラメータで最大10まで変更可能なので、アクティブに攻めたい人は大きく、出来るだけ低リスクで運用したい人は小さい数字を入力したほうがいいと思います。

Pips_miner_EAは日本時間の午前5時~10時付近でエントリーするのですが、この時間帯は各ブローカーともにスプレッドが拡がりやすい傾向にあります。Pips_miner_EAを効果的に運用するためにはスプレッドが狭く、約定能力の高いブローカーを選ぶことがポイントになりそうです。

Pips_miner_EAがトレード対象にしているのはポンドドルですが、この通貨ペアは他のスキャルピングEAと被らないのが魅力的です。ドル円やユーロドルなどのスキャルピングEAを使っている人にとってはポートフォリオを組む上での候補の一つに最適かもしれませんね。

コメント