Google Drive File Stream(ドライブ ファイル ストリーム)が便利そう!MT4のExpertsフォルダを同期しておけばEAやインジケーター開発がはかどりそう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドサービスはOneDriveを使っています

ワードやエクセルのファイルを複数のパソコンで共有するのにクラウドサービスは非常に便利です。私も文書や写真関連のファイルを共有するためにクラウドを利用していますが、USBメモリを差し込んでいたのが遠い昔に感じるくらいに便利で手放せなくなっています。

私が使っているのはOneDriveなのですが、これには理由があります。

地元の自治会の役員をやっていたことがあり、その時の文書がワードとエクセルで作られていたので必要に迫られてOffice 365 Soloを購入したのです。Office 365 Soloというのは月額1,274円でOfficeのアプリケーションが使い放題というありがたいサービスあのですが、正直言ってワードとエクセルしか使わなかったので月額800円くらいにしてほしかった(笑)

ちなみに利用できるOfficeアプリは以下のとおり。これをすべて使うような人にとっては月額1,274円は相当なバーゲンプライスでしょうね。2台のパソコンにインストール可能なのでWindowsでもMacでも使えるというのも推せますよね。

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • OneNote
  • Outlook
  • Publisher (Windows PC のみ)
  • Access (Windows PC のみ)

これだけのアプリが使い放題なだけでも凄いのですが、Office 365 Soloにはそれ以外にも機能が付いています。

  • Skype から固定電話や携帯電話への通話が毎月 60 分間無料
  • 1 TB の OneDrive クラウド ストレージ

正直言ってスカイプに関しては魅力的ではありません。10年前ならともかく今はスカイプ以外にも数多くの選択肢がありますからね。強いて言えば国際電話をしょっちゅうする人にはお勧めかな。

問題はOneDriveのストレージ容量が1TBもあるということです。Officeが使い放題というだけでもすごいのに1TBのストレージ容量を気前よく差し出してくれているのです。マイクロソフトの男気には脱帽ですね。

そんなわけであまり使わないファイルなどをOneDriveに突っ込んでいたら結構な容量になってしまい、役員が終わってワード、エクセルを使うことがなくなったにも関わらずOffice 365 Soloを解約できずに現在に至っています。

まあ、便利なのでいいのですがうまいことマイクロソフトにやられた感じもします(笑)

Google Drive File Streamは同期の必要がない?

OneDriveを使っていることに不満はなかったのですが、使い勝手には改善して欲しい所がいくつかありました。なんといっても同期が遅いんですよね。共有フォルダに突っ込んでから他のパソコンで使えるようになるまでの時間が結構かかるし、アップロードの速度自体も遅いような気がします。

そんなことを思いながらOneDriveを使っていたのですが、ここにきてグーグルが新たなサービスを始めたらしく心が揺り動かされていますw

その名もドライブ ファイル ストリーム!

ネーミングの末尾にあるストリームという単語がこのサービスの凄さをあらわしています。

ファイルはパソコンからクラウドに保存することが出来るのは当然なのですが、ファイルを使う時はクラウドからストリーミングでダウンロードできるようなのです。この機能のおかげでファイル同期の必要がなく、パソコンの容量は大幅に節約できることになります。

OneDriveの時は結構な容量をクラウドに保存していたので、同期するフォルダは最小限にする必要がありましたが、Google Drive File Streamならそんなことも考えずに利用することが出来ます。これはすごい。

もちろん無料のサービスではなく、有料サービスのG Suite Businessの中の機能の一つになります。G Suite Business自体もOffice 365並みに高機能なので有料だとしても十分に納得できる内容ですね。

  • ビジネス用の Gmail
  • 音声会議とビデオ会議
  • 共有カレンダー
  • ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション
  • 電話とメールによる 24 時間 365 日対応のサポート
  • セキュリティと管理機能
  • 無制限のクラウド ストレージ(5 ユーザー未満の場合は、ユーザー 1 人あたり上限 1 TB)
  • Cloud Search で G Suite に含まれる情報を包括的に検索
  • メールとチャットのアーカイブと保持ポリシーの設定
  • メール、チャット、ファイルの電子情報開示
    Vault を使用してユーザーのアクティビティを確認することができます。堅牢な監査証跡機能により、検索、メッセージの表示、書き出しなどの操作を確認できます。
  • 監査レポートでユーザーのアクティビティを確認

気になるお値段は??

なんと1,200円です!税込みだと1,296円になるのかな。完全にOffice365にぶつけてきているサービスなので価格も張り合ってますね。

普段からワードとエクセルを使っていれば迷う必要もなくOffice365一択なのですが、正直言って仕事以外でワード、エクセルを使うことはほぼないので自宅用だったらグーグルさんのサービスの方が魅力的なんですよね。

これMT4やMT5のExpertsフォルダを指定して保存することとかできるのかな?もしできるのなら自室のパソコンで作っているEAを、リビングでお茶を飲みながら弄れるという夢のようなことも出来ますね。

まあそこまでいかなくてもOneDriveよりもアップロードとダウンロードの速度が速ければ問題ないのですが。

ということで今凄くGoogle Drive File Streamが気になっています。

14日間の使用期間があるのでとりあえず試してみようかなと思います。