OK Go – I Won’t Let You Down PVのロケ地は千葉県長生郡長柄町のロングウッドステーション

Hornet USDJPY | fx-on.com

OK GO の「I Won’t Let You Down」のPVの出来が素晴らしい

シカゴ出身オルタナティブバンドの「OK GO」は楽曲はもちろんのこと凝った作りのPVも常に話題になっているのですが、今回もやってくれました^^
彼らの新曲である「I Won’t Let You Down」のPVがローテクでありながら妙にハイテクという素晴らしい出来栄えを見せてくれています。

今回のPVの主役はもちろんOK Goのメンバー4人なのですが、主役をサポートするのがなんとホンダのパーソナルモビリティ「UNI-CUB」というのが日本人にとってもなんだか嬉しい。
ここでUNI-CUBについて説明しておくと、Honda独自のバランス制御技術と、 前後移動に加えて、真横や斜めにも移動できる 世界初の全方位駆動車輪機構により、 人の歩行のような前後左右や斜めへの自由自在な動きと、両足の間に収まるコンパクトなサイズを両立した新たなパーソナルモビリティーです。文字にするとなんだか全然わからないのでとりあえず動画をごらんくださいw

両膝に両手をおいて進みたい方向に身体を傾けることでその方向に動きだしてくれるので慣れるまではかなり怖そうです。ただ慣れてしまえば意のままに操れるようなのでこのPVのようなフォーメンションもできてしまうわけですね。このPVで驚くのはカメラアングル。終始一台のカメラで撮っているようですが、なんとドローンを使っているそうです。最近のドローンは安定しているし、上昇スピードも速いのであのような映像を撮ることができるんでしょうか。素晴らしい!!昔のラジコンヘリはホバーリングするのでさえ難しかったのですが^^;

さて日本関連なのはUNI-CABだけではありません。最初にカメラを拭いたりカチンコでスタートの合図を送るのは日本が誇るあのPerfumeの3人です。贅沢な使い方ですよねw

ロケ地は長生郡長柄町にあるロングウッドステーション

さらにロケ地も日本ときてはこれはもうOK Goを推すしかないでしょう。ロケ地はなんと東京にほど近い千葉県でした。最後の空撮を見るとあまりにも緑が多かったのでもっと地方の方かと思いきや首都圏での撮影だったんですね。千葉市をちょっと通り過ぎた長生郡長柄町にあるロングウッドステーションというロケ地としても有名な場所で敷地面積は約2.2万坪、施設面積は約3000坪と広大なスペースを有しています。

ロングウッドステーション

ロングウッドステーション

ホンダのUNI-CUB、パフューム、ロングウッドステーションと3拍子揃ったOK GoのI Won’t Let You DownのPVをどうぞ!

「OK Go」「I Won’t Let You Down」

最後の空撮とGoogleマップを見比べてみると何が写っているのかわかって面白いかもしれません^^
近くに住んでいる人は上昇能力の高いドローンにご注意くださいw

[tubepress mode=”tag” tagValue=”OK Go – I Won’t Let You Down” playerLocation=”static” resultsPerPage=”10″]

ちなみにロングウッドステーションは、アウトレットコンサート長柄というアウトレットモールの跡地に作られています。アウトレットコンサート長柄は、2004年(平成16年)3月18日に開業したのですが、売り上げが低迷したため約5年後の2009年(平成21年)3月31日に閉鎖されました。

グラスホッパーのロケ地で渋谷の街を再現

ロングウッドステーションはグラスホッパーのロケ地としても使われました。渋谷の街をカナ忠実に再現しています。CGと組み合わせることでリアルさが増しています。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク