結果タブ

Hornet USDJPY | fx-on.com

結果タブ

このタブにはテスト結果のテーブルが表示されます。テスト中に行なわれた全ての取引オペレーションについての情報がここで確認できます。

◾# : 取引オペレーションに付けられる連番です。
◾時間 : 取引オペレーションの時間です。
◾取引種別 : 取引の種類 売り(Sell)、買い(Buy)、ストップ(S/L)、リミット(T/P)、変更、ストップ値で決済(ストップによる決済等)です。
◾取引番号 : 取引ポジションと指値注文のチケット番号(上記の取引オペレーション番号とは異なる)です。
◾数量 : 取引される数量です。
◾価格 : 取引される通貨ペアの価格です。
◾S/L : ストップ(S/L)です。この欄が空欄だとストップ(S/L)が指定されていないことを示します。
◾T/P : リミット(T/P)です。この欄が空欄だとリミット(T/P)が指定されていないことを示します。
◾損益 : 利益または損失の額です。利益/損失額はポジションが閉じられた後にのみ表示されます。
◾預り証拠金残高 : 残高額です。残高額はポジションが閉じられた後にのみ入力表示されます。
いずれかの欄のタイトルに左マウスボタンを置きクリックすると、その欄のデータの昇順または降順でテーブル全体の項目をソートすることができます。「コピー」コンテキストメニューコマンドまたはCtrl+Cホットキーで、指定した結果行(複数行可)を他のアプリケーションで使用するために、クリップボードにコピーできます。行を選択しないとテーブル全体がクリップボードにコピーされます。テーブル全体をクリップボードにコピーすることは「全てコピー」コマンドを実行することで可能です。テスト結果のレポートはHTMLファイルとしてハードディスクに保存できます。そのためには、「レポートとして保存」コンテキストメニューコマンドを実行します。「日付設定「から」と日付設定「まで」」コマンドでテストの期間を指定できます。この時点で、指定された日付がテスター設定の「始まりの日付を設定」と「終わりの日付を設定」欄に記入されます。この機能はエキスパート全体をテストする場合、またはこの指定された範囲内でパラメータを最適化する場合に便利です。

詳しくは「テスター」及び「最適化」セクションをご覧下さい。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク