フリーEA RSIを使った逆張りEA

Hornet USDJPY | fx-on.com

トレードには逆張りと順張りがありますが、今回作成したMT4用の自動売買プログラム(以下EA)はRSIというオシレーターを使ってトレードします。

RSIにより買われ過ぎ、売られ過ぎを判断し、買われ過ぎと判断したら売り、売られ過ぎと判断したら買うという完全な逆張りEAですね。特にフィルターを設けていないのでトレンドが発生しやすい通貨ペアでは厳しい結果が待っていそうです^^;

EAの作成にはプログラムなしでも簡単にEAが作成できるEAつくーるを使用しています。

売買ルールは簡単でRSIが25を下回ったら買い、75を越えたら売るというシンプルなものです。手仕舞いにもRSIを使用しています。

RSI逆張りEAの売買ルール

買いエントリー
RSIが25ラインを下抜け

売りエントリー
RSIが75ラインを上抜け

買いクローズ
RSIが70以上

売りクローズ
RSIが30以下

SLとTPは両方とも300pipsで設定しています。なんとシンプルで漢らしいロジックなのでしょうか。

さっそくMT4のストラテジーテスターを使ってバックテストをしてみました。

ユーロドル(1時間足)

TesterGraphRSIEURUSD

TesterGraphRSIEURUSD

ドル円(1時間足)

TesterGraphRSIUSDJPY

TesterGraphRSIUSDJPY

逆張りEAは他にもいろいろと作ってきましたが比較的ドル円は相性がいいようですが、ユーロドルはレンジフィルターを組み合わせないと機能しないことが多かったです。シンプルな逆張りEAを作りたいときはドル円のほうが作りやすいような気がします。他の通貨での相性は検証していませんがもしかしたら大穴通貨ペアがあるかもしれません^^

EAファイルを置いておきますのでよろしければいろいろな通貨で遊んでみてください。

フリーEAダウンロード


BandCross3 EURUSD | fx-on.com

RSIの計算方法

14日間の値上がり幅平均/(14日間の値上がり幅平均+14日間の値下がり幅平均)×100

計算方法を見るとわかるように一定期間の値動きの平均を百分率で表しているだけなので設定期間内での値幅以上に値動きがあると、0%付近や100%付近に張り付いてしまうことになります。この特性を利用してブレイクアウトに利用することも出来ますし、逆張りと組み合わせてハイブリッドなEAとしても活用できるかもしれません。RSIを利用したEAについてはもう少し研究していきたいですね。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク