スクリプトの作成

Hornet USDJPY | fx-on.com

スクリプトの作成

スクリプトの作成にはMQL4とMetaEditorを使用します。エキスパート編集プログラムを起動するには、「ナビゲータ⇒スクリプト」ウィンドウコンテキストメニューの「作成」コマンド、またはツール⇒MetaEditor」メニューコマンドの実行、F4キー、または「標準」ツールバーのMetaEditorボタンをクリックします。MQL4プログラム作成時には、エキスパート作成ウィザードが自動的に開いて、新しいMQL4プログラムをすぐに作成することができます。「スクリプト」を生成するオブジェクトとして選択し、以下のすべての必要欄に記入を行う必要があります。

◾名前 : スクリプト名前です。
◾開発者 : 開発者の名前です。
◾リンク : 開発者のウェブサイトです。
その後、新しいスクリプトウィンドウがエディタの中に開きます。スクリプトソースコード (*.MQ4)を含んでいるファイルがクライアントターミナルの/EXPERTS/スクリプトフォルダに自動的に配置されます。これで、プログラムのソースコードの入力を開始することができます。

スクリプトは、作成後、コンパイルが必要です。これを行うには、エキスパートエディタ内で「ファイル⇒コンパイル」メニューコマンドの実行、F5キー、またはツールバーのCompileボタンをクリックする必要があります。スクリプトのコンパイルが問題なく完了した後、*.EX4拡張子のある実行可能ファイルが作成され、/EXPERTS/スクリプトフォルダに自動的に配置されます。 すべてのスクリプトのリストをクライアントターミナルの「ナビゲータ⇒スクリプト」ウィンドウで見ることができます。

スクリプトの編集

既存スクリプトの編集をターミナルから開始するには、「ナビゲータ⇒スクリプト」ウィンドウコンテキストメニューの「変更」コマンドを実行します。それにより、ダウンロード済の選択されたスクリプトソースコードを含んだエキスパートエディタが開きます。ソースコードが変更された後、それを再コンパイルして、新しい実行可能なEX4ファイルを取得する必要があります。そうしなければ、ターミナルではMQL4プログラムの以前の未変更バージョンを使用します。

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク