超高額なドル円用スキャルピングEA「SpeedScalpingEx」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

EA購入にいくらまで出せる?

MT4でfxの自動売買をしている人にとってEAの入手方法はいろいろあると思うのですが、ほとんどの人がfx-onやテラスなどのEA販売サイトを利用したことがあるのではないでしょうか。

これらのEA販売サイトで販売されているEAは2~3万円程度のものが多いと思うのですが、最近はEAの低価格化が進んできており、1万円を切った価格で販売されているものも少なくはありません。

儲かることが約束されたEAならいくら出しても惜しくはないのですが、この先どうなるかわからないEAには出来るだけお金を出したくはありません。まあせいぜい出せて3万円くらいかなという人も多いかもしれませんね。

そんな中ごくたまにものすごく高額なEAが販売されていたりします。一番高額なものだと99万8千円という驚くべき価格なのですが、さすがにまだ1個も売れていないようです。

EAにいくら出せるかというのは実は一回のポジションサイズにもよると思うんですよね。ポジションサイズが小さい人は3万円でも高いと思うかもしれないし、ポジションサイズが大きい人は10万円くらいのEAは屁とも思わないかもしれません。

個人的な意見ですが、EAの価格を最大ロット数で変えていったら様々なトレーダーが手を出したくなるのではないかと思うのですが。最大0.1ロットまでしかトレードできないEAは1万円、1ロットまでトレードできるEAは2万円、最大ロット数の制限なしのEAは3万円などという価格設定にしてくれればいろんなEAを楽しめるんだけどなあ。

10万円のEA「SpeedScalpingEx」

fx-onで最近発売されたSpeedScalpingExというEAは10万円というプライスタグをつけていますが、いったいどのようなEAなのでしょうか。

高いEAを購入した場合、EAの購入額の元をとるだけでも大変です。そう考えると出来るだけ大きなロット数でトレードできるEAがいいですよね。そうなるとドローダウンの低いスキャルピングEAが思いつくのですが、SpeedScalpingExはまさに低ドローダウンを狙ったスキャルピングEAです。

低ドローダウンを狙っているのでしょうがバックテスト結果を見ると結構ドローダウンが大きかったりするのが気になるところです。トレード通貨ペアはドル円なので、狭いスプレッドでのトレードが期待できます。バックテスト時の想定スプレッドは0.5pipsなのでそれ以下のブローカーだったらOKと考えていいでしょう。

最大ポジション数は2で複利運用します。証拠金の残高に対するパーセントでリスクを決定しているんでしょうかね、かなり安全なロット操作をしているように見えます。

最大ストップロスは36pipsとかなりタイトなので、2つのポジションが同時にストップロスにかかっても72pipsと大きな痛手を受けることはなさそうです。ストップロスは最大で36pipsですが内部ロジックにより自動計算されるので、36pipsよりも小さい時もあります。ストップロスがタイトなことでスキャルピングEAにしては勝率が低くなっており、その結果負けが続いてドローダウンが大きくなることは考えられます。

連敗自体は最大で3連敗までしかしていないのですが、負け→負け→勝ち→負け→負けみたいなパターンになったときに大きなドローダウンをしているでしょうね。

フォワードテストは良好

現時点までのフォワードテストの結果を見ると順調な成績で推移しています。

トレードスタートした期間から現時点までを表示していますが、嫌いなタイプの収益曲線ではありません。今後もこの調子で順調に収益を伸ばしてくれれば注目されてくるのではないでしょうか。

現時点では価格が高いので購入意欲が沸く人はほとんどいなさそうですが。

スキャルピング用EA
SpeedScalpingEx

バナーをよく見ると猫がマウスを殴っています。きっとそのうちにクリックできるようになるんじゃないと思います(^^)

SpeedScalpingEx | fx-on.com