Exponential Moving Average(TEMA)を使ってMT5用のEAを開発中

MT4にはなくてMT5にはあるインジケーターTriple Exponential Moving Average(TEMA)を使ってEAを作ってみました。TEMAも基本的には移動平均線の一種で過去の値動きを平均しているということには変わりはないので、トレード戦略として移動平均線でEAを作成するときとなんら変わらないと思います。

短期線と長基線のゴールデンクロスやデッドクロスを使ったり、傾きを使ったり、価格との乖離を使ったりと移動平均線のEAで出来ることはほとんどのことが出来ると思います。

TEMAのポテンシャル自体はインジケータをいじっている時になんとなく感じていたので、通常の移動平均線でEAを作成する時よりもついワクワクしてしまいますね。

MT5を使えるブローカーに口座を持っていないのでMT5用のEAを開発してもすぐに使えるわけでもないので特に急いで作る必要もないのでじっくりと取り組んでいこうかな。

非常にシンプルなロジックで作成したものですが、TEMAのポテンシャルがなんとなく伝わってきます。

ドル円

ポンド円

TEMAだけじゃなくAMAも良さそうなので、しばらくの間はMT5EA開発のモチベを保つことが出来そうですw

XMだとビットコインがトレード出来たりするみたいなので非常に魅力的なMT5ですが、出来れば国内のブローカーで取り扱ってくれれば嬉しいのですが。

MT4ではプラグインを使うことでバイナリーオプションをトレードできるブローカーもあるようですが、MT5採用ブローカーでバイナリーオプションのトレード出来たら海外ブローカーでも躊躇なく口座を開いてしまいそうです。現時点ではそのような動きは全くないのですが、MT5普及のための切り札になりそうなのでメタクォーツ社さんには頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする