エキスパートアドバイザプロパティウィンドウ

Hornet USDJPY | fx-on.com

エキスパートアドバイザプロパティウィンドウ

テスト中の仮想口座及びエキスパートアドバイザのパラメータはこのウィンドウで設定できます。これらのデータは後にエキスパートアドバイザのテスト及び最適化に使用されます。このウィンドウには以下の3つのタブが表示されます。

◾テスト : テスト及び最適化に共通する全てのパラメータがこのタブで表示されます。出来高及び初期証拠金の通貨をそれぞれの欄から選択できます。テスト時に開かれるポジションの取引種別も選択できます。即ち、「ロングのみ」(ロングポジションだけを開く)、「ショートのみ」(ショートポジションだけを開く)、「ロング & ショート」(両方のポジションを開く)があります。どのエキスパートアドバイザを使用していても、ここで設定されたポジションだけが開かれます。
◾パラメータの入力 : 全パラメータのリストがテーブルとして表示されます。パラメータはエキスパートアドバイザの動作に影響を与える変数で、クライアントターミナルで直接変更できます。その数値はエキスパートアドバイザによって変動します。エキスパートアドバイザのテストに使用される現在のデータは「値」欄に反映されます。「スタート」、「ステップ」と「ストップ」欄のデータはエキスパートアドバイザのテストには影響せず、最適化にのみ使用されます。変数の初期値、変更のステップ、最終数値はそんれぞれの欄に反映されます。最適化の場合、初期値と最終値の範囲内のパラメータを持ったエキスパートアドバイザが順番にパスされます。変数の名前をチェックすると最適化にそのパラメータが適用されます。チェックされていない変数は最適化に使用されません。最適化によってこの値は変化せず、「数値」欄のパラメータが使用されます。
以前に保存されたインプットのセット(「スタート」、「ステップ」、「ストップ」の値も含む)をダウンロードすることも可能です。「ロード」ボタンをクリックし、以前保存されたインプットのセットを選択します。外部変数の実際のセットは「保存」ボタンをクリックし、保存します。

注意 : 必要な変数だけを最適化に使用することをお勧めします。多くの変数を使用しすぎると、パスの回数と最適化に要する時間が飛躍的に増加します。
◾最適化 : このタブで最適化のリミットを設定します。実際の値がこのタブで要求された数値と同じになると、実行されているパスが中止され、次のパスが始まります。エキスパートアドバイザの最適化においてテスト制限するパラメータは以下の通りです。

1.最小預り証拠金残高 : 証拠金通貨での最小残高額です。
2.最大利益 : 証拠金通貨での最大利益額です。
3.最小証拠金水準% : 証拠金の最小水準のパーセンテージ表示です。
4.最大ドローダウン% : 最高引き出しのパーセンテージ表示です。
5.連続損失 : 一連の取引での最高合計損失額です。一連の損失とはある連続した損失取引の合計です。
6.連続損失(取引数) : 一連の取引での最高合計損失額です。
7.連続勝利 : 一連の取引での最高合計利得額です。一連の利益とはある連続した利益取引の合計です。
8.連続勝利(取引数) : 一連の取引での最高合計利得額です。

詳しくは「エキスパートアドバイザのテスト」及び「最適化」セクションをご覧下さい

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク