様々な言語をサポートするブラウザで操作できるバーチャルキーボード

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10年以上も前の話です。PowerMacG3というノートブックを使っていました。きっと、当時のWindows meとかいうOSがひどすぎてMacに浮気しちゃったんですねw
でも当時のMacの使いづらいことといったらありませんでした。職場ではWindowsを使っていたので、右クリックがないこと自体が許せなかったし、日本語変換システムの「ことえり」がおバカさんだたりとまあ散々だったわけです。

仕方がないので最低限のショートカットキーを使っているうちに、操作にも慣れてきて愛着も湧いてきた頃に悲劇は起こりました。

パソコンの電源が入っている時にキーボードにお茶をこぼしてしまったのです。

コーヒーじゃなくてお茶というところがお洒落じゃないですよね^^;
若い頃から妙なところで健康志向だったおかげで大病もせずに過ごせていますが、せめてお茶じゃなくてコーヒーをこぼしたかったw

悲しいことにキーボードが不調になり、文字の入力ができなってしまいました。本体まで壊れなかったのは不幸中の幸いだったのですが、キーボードは買い直さなくてはいけませんでした。

PwerMacG3のキーボードはな取り外し式で自分でUSキーボードに交換できたりしたんです。MacBookProを購入した時にもてっきり交換できるものだとばかり思っていたのですが、時の流れは残酷でしたw

キーボードが使えなくなった時に便利なのがソフトウェアキーボードです。Macにはキーボードビューアーという便利なものがあって、マウスで文字入力をすることが出来ます。

「システム環境設定」→「キーボード」→「キーボード」タブ で「メニューバーにキーボードビューアと文字ビューアを表示」にチェックを入れます。

keyboadviewer

日本語入力のメニューから「キーボードビューアを表示」をクリックするとソフトウエアキーボードが出てきます。

viewer

ブラウザで文字入力ができるサイトもあります。こちらのサイトは言語を選ぶことで様々なの言葉に対応できます。ただテキストを入力したい場所に直接入力できるわけではないので、文章が完成したらコピペして貼り付ける必要があります。下に書いてあるのが対応言語ですが、見たことのない言葉もあるんですね。

使い方としては、たまたま街であったヘブライ語を操る美人な女性とGoogle翻訳を介して会話をするというレアなケースしか思いつかないのですが、とりあえずお気に入りに登録しておきました。

Virtual Keyboad

 アルバニア(アルバニア)、アムハラ語(エチオピア)、アラビア語(العربية)、アルメニア(հայերեն)、バングラ(ベンガルবাংলালিপি)、クロアチア(フルバツキ)、チェコ(チェスキー)、デンマーク語(ダンスク)、ディベヒ語(モルディブ)、オランダ語(オランダ)、英語(英国)、英語(米国)、エストニア(EESTI)、ペルシア語(ペルシャ語فارسی)、フィンランド(スオミ)、フランス語(フランス語)、グルジア語(ქართული)、ドイツ語(ドイツ)、ギリシャ語(Ελληνικά)、グジャラート( ગુજરાતી)、ヘブライ語(עברית)、ヒンディー語(हिन्दी)、ハンガリー(マジャール)、アイルランド(ゲール語)、イタリア語(イタリア語)、日本語(日本語)、カンナダ語(ಕನ್ನಡ)、カザフ(Қазақ)、クメール、Khowar、韓国語( 한국어)、クルド(Kurdîکوردی)、ラオス(ພາສາລາວ)、ラトビア(Latviešu)、リトアニア(Lietuvių)、マラヤーラム語(മലയാളം)、マラー(मराठी)、ネパール(नेपाली)、ノルウェー(ノルスク)、オリヤー語、パシュトゥー語、ポーランド語(ポルスキ)、ポルトガル語(ポルトガル語)、パンジャブ語、ルーマニア語(ロマーナ)、ロシア語(キリル文字Русский)、シンハラ語、スロバキア語(Slovenčina)、スロベニア語(スロベニア)、スペイン語(日本語Español)、スウェーデン(忘れた方)、シリア語、タミル語(தமிழ்)、テルグ語(తెలుగు)、チベット、タイ(ไทย)、トルコ語(当部門)、ウルドゥー(اردو)、ウクライナ語(Українська)、ウズベク語(キリルЎзбек)とベトナム(ティエンサイトVideos)